プライム感謝祭でAnker Soundcore Liberty 4 NCはセール対象になる? レビュー・口コミや特徴を徹底検証!

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

プライム感謝祭

もうすぐAmazonプライム感謝祭ですね。

初めての開催ですが、気になっている方も多いのではないでしょうか?

私ももちろん気になっていますが、セール対象の商品がどんどん明らかになるたびに、ワクワクが止まりません。

特に、Anker製品が欲しいなと思っていたので、セールで対象になるのか気になりますね!

このセールは、プライム会員価格の値上げと同時期に発表されました。

「値上がりしてもやっぱりプライム会員は価値があるな」と感じてもらうために、インパクトのあるセールになるのではないかと期待しています。

そんなプライム感謝祭でセール対象になるのか気になるイヤホン、Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの口コミ・レビューをチェックしてみました!

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンのレビュー・口コミを徹底検証 !

アマゾンでAnker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンのレビューや口コミをチェックしました。

フィットしないという意見が見られました。

そちらの口コミでは、ノイズキャンセリングも効かないという意見でした。

イヤホンがちゃんとフィットしないと、隙間から外部の音が入るので、当然ノイキャンの効きも悪くなってしまいます。

イヤーピースが複数種類ついていますが、別メーカーのものは使えないようです。

なので、可能であれば購入前に、実際にフィットするのか確認しておいた方が安心かなと思います。

高評価の意見としては、ノイキャンを初めて利用された方から高く評価されているものや、コスパが高いという意見が見られました。

プライム感謝祭でセール対象になるのか、とても楽しみです。

では、先に低評価のレビューを見て、次に高評価のレビューを見てみましょう!

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの残念なレビュー・口コミ

まずはAnker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの残念なレビュー・口コミから。

ネットやTwitterのレビューで
ノイキャンがやたらと高評価だったので
(AirPodsPro並み等)購入。
試しにレストランで使ってみましたが
後ろの雑音は消えますが
店内の話し声はそのままの音量で
ガンガン耳に入ってくる(5段階中5)
車の通行音も普通に聞こえる。
イヤーピースは薄いペラペラで
耳から外す際に引っくり返る。
形が特殊なので(楕円形)他社の物は使えず
サイズが合わなければ耳栓代わりにもならず。
イヤーピースと相性が悪かったからか
ノイキャン性能が非常に弱く感じ
他社のイヤーピースと
変えられないので返品しました。
Anker最強のノイキャンという
謳い文句に期待しましたが残念です。
他社のイヤーピースが使える
旧バージョンの方がまだノイキャン効きます。
せめて他社のイヤーピースが使えたら…ね。

無事全額返金して頂けました。
ノイキャンに期待して購入して
後悔した人は返品する事をオススメします。

【追記】
中古のBose QuietComfort Earbudsを購入しましたが
Boseの方が断然ノイキャン効きます。
Ankerを返品してこちらを購入して良かったです。

引用元:Amazon Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンのレビューより

レビューや謳い文句に騙されてはいけない という口コミです。

ノイキャンの性能について低評価でした。

低評価の口コミをたくさん見ましたが、フィットが悪いという意見が複数見られました。

フィットは個人差が大きい部分もあるので、ある程度仕方のないところかなと思います。

原因として考えられるのは、イヤーピースの形状とフィット感ではないかと思います。

イヤーピースが楕円形の特殊な形状で、他社のものとの互換性がないとの指摘があります。

また、イヤーピースが薄く、耳から外す際に引っくり返るとのこと。

レストランなどの環境でのノイキャンの効果が期待ほどではなかったという意見です。

そもそもノイズキャンセリングは、イヤーピースがフィットしないなどで耳が密閉されていないと効果が低くなってしまいます。

標準的なイヤーピースであれば、他社製も含めて多くの選択肢がありますが、他社製を利用できず、フィットが悪いとなると、少し厳しいですね。

Amazonでしか購入できないようなお手頃価格のイヤホンとは違うので、可能であれば実際にフィット感を確認してから購入を決める方が安心かと思います。

私はお手頃価格ながらANCノイズキャンセリングの効きがそこそこ良いイヤホンを利用しています。

よかったらチェックしてみてください。

店内の話し声のような突発的なものは、ノイキャンの苦手分野という認識なのでともかく、車の通行音はかなり低減される印象です。

やはりまずフィットが重要なのかなと思いました。

他社製品(Bose)と比較して、ノイキャンの性能に差があると追記で記載されています。

こちらのBoseはノイキャンの効きが良いと評判ですね。

比べると、差を感じたそうです。

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの良いレビュー・口コミ


続いてAnker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンのいいレビュー・口コミはこちら。

ノイキャンイヤホンを初めて使ったので、他製品との比較は出来ませんが、コレはすごいと思いました。
ノイズキャンセルをオンにした途端、今まで聞こえていた扇風機や、エアコンの振動音が聞こえなくなります。
自宅が花火大会の会場の目の前で、毎年自宅が揺れるような破裂音に悩まされていたので、ダメ元でノイズキャンセルを試したところ体感では、花火のドーンという空気が震える様な破裂音は聞こえなく、終わりかけで、火花がパチパチという響かない音は微かに聞こえる感じでした。
比較的、不快と感じる音は低い振動音と言うことが多いと思うのですが、その様な音には強いノイズキャンセル機能だと思います。
イヤホンの音質としては、自分の聴こえ方や好みでカスタマイズできるので、凄く音にこだわりがある人でなければ満足出来ると思います。
バッテリーに関しては、8時間ほどノイズキャンセル機能だけ使いイヤホンのバッテリーが無くなり、ケースのバッテリーは満充電から一週間ほど充電無しで持ちました。
通話音声は自分で確認したわけでは無いのですが、友人と通話した際、確認したところ何の違和感もなく会話していたそうなので、問題はないと思います。
また、片側のイヤホンのみでも使えるので便利です。
耳に装着した感じは、カナル型イヤホンなので長時間使っていると痛くなる人はいると思いますが、自分は気にならないです。
不満な所を上げるのであれば、操作する部分に汗で濡れた髪が触れると勝手に動いてしまう事。
外音取り込みモードでは、聞こえるは聞こえるのですが、つけたまま会話をするには多少音量が低い事。
外音取り込みも、音量調整が出来れば良いなと思いました。

引用元:Amazon Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンのレビューより

初めてのノイズキャンセリング という口コミです。

初めてノイズキャンセリングイヤホンを利用されたそうですが、その効果を高く評価されています。

扇風機やエアコンの振動音など、日常の雑音が効果的にカットされるとのこと。

私も初めてノイキャンイヤホンを利用したときは感動しました。

花火の破裂音が体感でほとんど聞こえなくなったというコメント、これはすごいですね。

低評価の口コミではノイキャンの効きがよくないという意見でしたが、ちゃんとフィットすると効果は大きいのかなと思います。

ノイズキャンセリングの効果は使用環境や個人の感じ方にもよりますが、このレビューは参考になりますね。

カスタマイズ可能な音質についても評価されています。

音にこだわりがある人でなければ満足できるという意見です。

好みや聴こえ方に合わせて音質をカスタマイズできるのは良いですね。

デフォルトの音質が良いのが一番ですが、個人の好みがあるので、万人に最適というのは実質難しいです。

ある程度標準的なチューニングにしておいて、後はお好みで調整、というのは良いのかもしれません。

バッテリーの持ちと通話音声の品質についても評価されています。

ノイキャンを使用すると、使用しない場合と比較すると電池切れが早くなる印象です。

その状態で8時間持ったというのは、結構というかかなり長持ちな部類だと思います。

充電ケースは1週間持つということで、こちらも充分なバッテリー持ちですね。

通話も問題なく利用できたということでその点も評価されていました。

外音取り込みモードに関しては、イヤホンをつけたまま会話するのはさすがに難しかったようです。

ただ、全体的にとても高評価の口コミでした。

ワイヤレスイヤホン4つ目購入。比較対象は①Airpodspro(第一世代) ②soundcore Liberty4 ③Bose QC earbuds2。

【デザイン】
2-3万円台の製品と遜色なし。艶なしブラックのデザインは良し。今回はボタン式で上にパカっと開くデザイン。個人的には前作Liberty4のスライド型で開く形が好み。

【音質】
低音重視の音質。今回は高音領域弱め。
繊細な曲を聴くのは不向き。イコライザーで多少調整は聴くけど、決して高音質ではない。比較対象の3機種の中で音質は一番下。
自分は本機種をリモートワークの会話用に購入しており、音楽は別機種で聴くので気にならない。

【フィット感】
4つのイヤーパッドがあり、自分に合うフィット感を得ることができる。耳も痛くならず快適。前作Liberty4はイヤーパッドが透明で使用に伴いイヤーパッドが黄ばみそうで嫌だったが、今回はグレーに変更されて安心。

【遮断性】
anker史上最高の謳い文句が気になり今回購入。個人的にワイヤレスイヤホンを購入する際に一番気にするポイント。
結論から、bose Qc earbuds2>>>Liberty4NC>airpodspro(第一世代)>>Liberty4。
値段を考えたら十分、いや十二分だが、史上最高の謳い文句があったので、boseレベルまで行ってしまうのか?ぐらいの期待をしていたが、まだまだそこまでは至らず、、というのが率直な感想。低音は上手く消してくれるので、エアコン、空気清浄機、走行音など日常音はかなり消える。ただ人の声が思ったより消えず、オフィスで集中して仕事をしたい時でも話声が気になるレベル。初代Airpodsproよりもやや劣る。因みにboseの場合は隣から話かけられてもよく聞こえず、イヤホンを取って聞き直すレベル。

【音漏れ】
全く問題なし

【操作性】
今回はタッチセンサー式。装着し直そうと触ると誤操作してしまいそう。前作はクリック式だったのでそのような心配はなかった。ここは改悪。

【その他】
マイクの音声は非常にクリア。出先で騒音が大きい環境下でも、上手くノイキャンを聞かせてくれて、普通に会話できると相手に言ってもらえる。リモートワークで使用する為のワイヤレスイヤホンを選ぶならこの製品は間違いない。因みにboseは音が籠るし小さいしでビジネス用では全く使えない。

【総評】
非常にコスパ高だと思う。ビジネス向けに買うならバッテリーの持ちも非常に良く、マイク性能も最高なので、高級価格帯のワイヤレスイヤホンを含めても、本機種を選択する。

音楽を聴くことが中心なら、正直音質は1万円そこそこの機種とほぼ変わらないので、他機種(高価格帯)を進める。

売りのノイキャンは期待しすぎないで購入すれば、十分に効果を感じることができる。

引用元:Amazon Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンのレビューより

相変わらずのコスパ高 という口コミです。

まずはデザインについて、2~3万円台の製品と比べても遜色のないデザインという評価です。

艶なしブラックは私も個人的に好きなタイプです。

次に、音質について。

低音重視の音質で、高音領域は弱めとのこと。

繊細な曲を聴くのは不向きで、イコライザーでの調整は可能ですが、高音質とは言えないという評価です。

比較対象の3機種の中で音質は一番下とのことで、比較対象が普通に評判の良いイヤホン揃いですね。

比較してしまうと優劣はつくと思いますが、イコライザーで調整できれば、ある程度自分好みの音には近づけられると思います。

リモートワークの会話用としては十分な性能を持っていると評価されています。

フィット感については、4つのイヤーパッドでフィットしたと高評価でした。

低評価の口コミで、フィットしないという意見がありましたが、こちらは問題なさそうですね。

遮音性・ノイズキャンセリング機能についても高評価です。

ノイズキャンセリング機能は十分な効果がありますが、史上最高という謳い文句にはやや遠いという評価でした。

低音はしっかりと消してくれるものの、人の声などは完全には消えなかったそうです。

逆に、Boseは人の声まで消えるというのはすごいですね。

bose Qc earbuds2と比較するとや劣るものの、価格を考慮すれば十分な性能とのことで、充分コスパは良いという印象です。

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの性能と特徴

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの性能・特徴を紹介します。

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの性能

詳細情報
バッテリー要/不要 ‎はい
型式 ‎完全ワイヤレスイヤホン
ケーブルの特徴 ‎脱着式
ヘッドホンジャック ‎完全ワイヤレス
コントロールタイプ ‎ノイズキャンセリング
ブランド ‎Soundcore
色 ‎ブラック
メーカー ‎Anker
メーカー型番 ‎A3947N11
発売年 ‎2023
接続方式 ‎無線
対応機種 ‎Smartphone、PCなどBluetooth対応機器
付属品 ‎ケーブル, ワイヤレス充電ケース
製品サイズ ‎10.8 x 10.8 x 5.5 cm; 60.4 g
商品重量 ‎60.4 グラム

参照:Amazon Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホン 商品紹介ページより

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの特徴

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの特徴を見ていきましょう!

ワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Liberty 4 NC はワイヤレスイヤホンです。

ワイヤレスイヤホンとは、ケーブルを使わずに音楽や通話を楽しめるイヤホンのことです。

Bluetoothでスマートフォンやパソコンなどの機器と接続します。

有線イヤホンと比べて、ケーブルがないので、絡まったり引っかかったりする心配がないのが便利です。

また、ケーブルが体に当たることで発生するタッチノイズもありません。

運動中や外出先で音楽を聴くときに非常に便利ですね。

しかし、ワイヤレスイヤホンにもデメリットはあります。

一つは、バッテリー切れの可能性があることです。

充電を忘れたり、長時間使ったりすると、途中で音が聞こえなくなるかもしれません。

もう一つは、音飛び・途切れ・遅延が発生する可能性があることです。

しかし、これらのデメリットは最新のBluetoothバージョンで改善されています。

BlueTooth

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンのBluetoothバージョンは、最新の5.3です。

ワイヤレスイヤホンを選ぶときに気になるのが、BlueToothのバージョンですよね。

最新のBlueTooth5.3は、従来のバージョンと比べて、電波の接続安定性が大幅に向上しています。

これにより、他の電波と干渉するような場所でも、音飛びや途切れが改善されています。

また、Bluetoothのバージョンアップによって遅延も改善されています。

さらに、Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンにはゲームモードが搭載されているので、さらに遅延を軽減できます。

遅延を軽減できるゲームモード搭載(太鼓の達人は遅延を感じずにプレーできた)

引用元:Amazon Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンのレビューより

太鼓の達人は音ゲーなので、これで遅延を感じずにプレイできるというのは、低遅延性の点では充分な評価ではないかと思います。

また、BlueTooth5.3は、バッテリーの省電力性も高めています。

これにより、ワイヤレスイヤホンのバッテリー持ちが長くなるというメリットもあります。

バッテリー

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンのバッテリー持ちは、イヤホン単体で10時間、充電ケースを利用すれば50時間もの連続再生が可能です。

これはかなりのバッテリー持ちですよね。

通勤通学で利用する場合も、十分に満足できるバッテリー持ちです。

仕事中ずっと利用したとしても、これだけもつなら充電なしで1日乗り切れるかもしれませんね。

もし途中でバッテリーが切れそうになっても、休憩時間などにケースに収納すれば充電できます。

ワイヤレスイヤホンの弱点にバッテリー切れの可能性があると言いましたが、Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンに関しては、この弱点はほぼ気にしなくてよさそうです。

防水レベル:IPX4

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際には、防水性能も気になりますよね。

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの防水レベルはIPX4です。

防水レベルIPX4とは、水の飛沫による有害な影響がないレベルです。

雨や多少の水濡れなら耐えられるでしょう。

防水テストは常温の真水で行われるため、それ以外の条件では故障する可能性があるのでご注意ください。

プールやサウナや海水や温泉水などは危険なので、なるべくそのような環境では利用しない方がよいでしょう。

また、タッチ操作式のワイヤレスイヤホンでは、水滴がつくと誤作動するという口コミもあります。

IPX7と比較すると防水レベルも高くなく、安価なイヤホンでもないので、なるべく水に濡れないようにしておくのが安心です。

ウルトラノイズキャンセリング3.0

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンには、ウルトラノイズキャンセリング3.0が搭載されています。

ワイヤレスイヤホンには、周囲の雑音を低減する機能として「ノイズキャンセリング」があります。

ノイズキャンセリングにはいくつか種類がありますが、一般的にイメージするのは「ANC(アクティブノイズキャンセリング)」です。

ANCは、マイクで外部の音を拾い、逆位相の音を発生させて打ち消すことで、雑音を低減します。

これにより、音楽鑑賞時に集中できるようになります。

そのANCノイズキャンセリングをさらに改良したような位置づけのウルトラノイズキャンセリングです。

Soundcore Liberty 4やSoundcore Space A40にもウルトラノイズキャンセリングは搭載されていますが、バージョンが2.0なので、それらと比較してもさらに進んだバージョンになっています。

ということもあり、Anker Soundcore Liberty 4 NCは「Anker史上最強ノイズキャンセリング」と打ち出しているのでしょう。

一部、ハードルを上げすぎたのか、「ノイキャンは思ったほどではない」という意見もありましたが、概ね高評価が多い印象です。

Boseと比較すると弱いという意見もありましたが、価格を考えるとコスパが高いという意見も多く見られました。

LDAC対応

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンはLDACコーデックに対応しています。

ワイヤレスイヤホンを選ぶときに気になるのが、音質ですよね。

音質に影響する要素の一つが、コーデックと呼ばれる音声データの圧縮方式です。

コーデックには様々な種類がありますが、今回はLDACというコーデックについて紹介します。

LDACとは、ソニーが開発した高音質なコーデックです。

一般的なコーデックよりも高いビットレートで音声データを伝送できるため、よりクリアで豊かなサウンドを楽しめます。

LDACは最大990kbpsのビットレートで動作しますが、これは標準的なコーデックSBCの3倍相当になります。

LDACを利用できることでどのようなメリットがあるかというと、まずは音質の向上です。

LDACはCDの音質に近いレベルで再生できるため、細かな音のニュアンスも感じることができるでしょう。

音質はコーデックだけで決まるわけではありませんが、高音質コーデックが利用できるのは強みになります。

対応状況としては、iPhoneやiPadなどのiOS機器は残念ながらLDACに対応していないようなのでご注意ください。

Android 8.0以降のOSを搭載した機器であれば、ほとんどの場合LDACに対応しているようです。

プライム感謝祭でAnker Soundcore Liberty 4 NCはセール対象になる? レビュー・口コミや特徴を徹底検証!まとめ

Anker Soundcore Liberty 4 NC ワイヤレスイヤホンの口コミ・レビューをチェックしました。

低評価の意見としては、フィットしなかったようでノイズキャンセリングがあまり効かなかったという意見がありました。

イヤーピースが他社製のものを利用できず、フィットが悪かったようです。

一方、高評価の意見としては、初めてノイズキャンセリングイヤホンを使用する方からの高い評価と、他にもノイキャンイヤホンを利用されている方からの非常にコスパが高いという意見がありました。

花火大会の大きな音をかなり軽減できたという経験談が印象的でした。

また、デザインやフィット感も評価されていました。

今回初開催のプライム感謝祭ですが、1万円超えのイヤホンもセール対象になるのか、なった場合にどの程度安くなるのか気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました