Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

ワイヤレスイヤホン

アマゾンのイヤホンランキングを見ていると、有名なAppleのイヤホンももちろん上位にいるけど、聞いたことのないようなメーカーのイヤホンもよくランキング上位にいますよね。

そして、なぜかAppleの商品に比べるとべらぼうに安く、これ大丈夫なの?と気になりますよね笑

最近色々な商品の口コミを見ていますが、最近の3000円台イヤホンの品質は向上しているようで、口コミも結構高評価のものが多く見られて、期待できます。

ということで、今回はSzoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の口コミ・レビューをチェックしてみました!

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のレビュー・口コミを徹底検証 !

アマゾンでSzoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のレビューや口コミをチェックしました。

ほとんど低評価の口コミがなく、高評価の口コミが多く見られました。

そして音質が良いという口コミも多くみられました。

また、特徴として最近珍しい、バッテリー持ちがずば抜けて良く小容量のモバイルバッテリーとしても利用できるタイプのワイヤレスイヤホンです。

では、先に低評価のレビューを見て、次に高評価のレビューを見てみましょう!

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の残念なレビュー・口コミ

まずはSzoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の残念なレビュー・口コミから。

音がクリアで、立体的に感じる。
ただ私の耳の形にも寄ると思うが、落ちそうになるため、気軽に外では使えそうにない。そこだけが難点。

引用元:Amazon Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のレビューより

音がクリア! という口コミです。

音質には不満は無いようですが、フィット感が悪く、落ちそうになるようです。

なかなか音質とフィット感と両方満足するのは難しいのかもしれませんね…

ただ音質に関しては、イコライザーである程度調整でき、フィット感に関しても、イヤーピースで調整できる可能性があります。

SML3種類のイヤーピースが付属するので、どれかフィットすればいいのですが。

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の良いレビュー・口コミ


続いてSzoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のいいレビュー・口コミはこちら。

普段の使用機器(Walkman NW-A17、有線イヤホンSONY MDR-XB55)

今回初めてワイヤレスイヤホンを購入しましたが、有線タイプと音質に遜色ないことに驚きました。
ペアリングはすんなりできました。(カーナビでのペアリングにはいつも結構時間がかかるので、早いと思いました)
有線イヤホンはハイレゾ非対応なので、BEATLESのハイレゾ音源では音が少し小さくなり音量をいつも上げるのですが、このイヤホンでは音量が変わらずでした。
プログレッシブロックもよく聞きますが、楽器がしっかり分離して聴こえました。
充電ケースはふたが簡単に開かないようになっており、逆さでふたが開いてもマグネットでイヤホンが落ちないようになっています。充電の持ち時間はまだこれからの確認です。
これまで有線タイプしか使っていなかったので、ただただ驚きです。

引用元:Amazon Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のレビューより

有線タイプと遜色ないです という口コミです。

今回、初めてワイヤレスイヤホンを購入されたようです。

今まで利用されていた有線イヤホンと音質が遜色ないようで、高評価となっています。

私も初めてワイヤレスイヤホンを購入した時に、意外と音質良いなと感じたことを覚えています。

私の場合はそこまで高額な有線イヤホンを購入していなかったこともありますが^^;

ただ、なんとなく有線イヤホンを利用していると、ワイヤレスイヤホンは音質が悪そうな先入観を持っていたことは確かです。

音質は個人の好みにもよるので一概には言えませんが、ハイエンド商品はもちろん、お手頃価格のワイヤレスイヤホンにも結構音質が良い商品はあります。

ペアリングもすんなりいったということで、ワイヤレスイヤホン初挑戦の方にも安心かなと。

何かしらBluetoothでの接続をしたことがある方であれば楽勝だと思います。

全くBluetooth機器を利用したことがなくても、日本語の説明書が付属するので問題ないでしょう。

楽器がしっかり分離して聞こえるというのは魅力的ですね。

私も以前DTMをかじったときにモニターヘッドホンを購入しましたが、これがかなり楽器が分離して聞こえるように感じました。

これが感じられると、めちゃくちゃ音質が良く感じられて感動しました。

フタもイヤホン自体も簡単にはあいたり落ちたりしないような設計になっています。

これは最近のほとんどのワイヤレスイヤホンでそうなっている印象ですが、Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8もちゃんとそうなっています。

より良い音質の完全ワイヤレスイヤホンを求めて購入しました。期待通りの極めて高音質でボーカルの声が非常にクリアーに聞えて再現性が高いと思います。私は、洋楽R&B, J-POP, Jazz
等、多様なジャンルの曲を毎日聴いたていますが、どのジャンルにも再現性が素晴らしいので
もう一つ購入することを考えています。ペアリングは、非常に簡単で外出の際には助かります。日本語マニュアルを完璧です。
今だとセールで3千円位で買えるのでチャンスですね。製品保証もLine登録で18カ月間なので安心です。高音質の完全ワイヤレスイヤホンを探している方には、是非お勧めします。

引用元:Amazon Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のレビューより

極めて高音質で大満足、お買い得、お勧めです! という口コミです。

絶賛されている口コミですね。

ボーカルの声がクリアで再現性が高いという評価です。

色々なジャンルの音楽を普段聴いているそうで、どのジャンルでも問題なく聴けそうなのはありがたいですね。

もう1つ購入することも検討されているそうで、かなり満足されているようです。

ちなみに、この価格帯のイヤホンは商品によっては廃盤になったりアマゾン等で取り扱いがなくなることがあるので、気に入った商品は予備も購入するのはアリかと思います。

私も気に入ったイヤホンを利用中ですが、現在購入できない状態になっています。

まだ不具合は出ていませんが、めちゃくちゃ気に入ったのでもう1つ買っておけばよかったかなと後悔しています^^;

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の性能と特徴

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の性能・特徴を紹介します。

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の性能

詳細情報
型式 ‎インイヤー
ケーブルの特徴 ‎格納式, ケーブルなし
ヘッドホンジャック ‎USB
ブランド ‎Szoxo
メーカー ‎A8
接続方式 ‎無線
梱包サイズ ‎12.3 x 9.7 x 3.2 cm; 170 g

参照:Amazon Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8 商品紹介ページより

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の特徴


Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の特徴を見ていきましょう!

ワイヤレスイヤホン

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の最大の特徴はワイヤレスイヤホンであることです。

ワイヤレスイヤホンにはケーブルがないので、ケーブルがあることによるデメリットがなくなっています。

カバンの中でケーブルが絡まるとか、何かとひっかかってイヤホンが外れたり、断線したり、服や体と当たってノイズが発生することもありません。

一度ワイヤレスイヤホンを利用すると、便利さになかなか手放せなくなります笑

家ではジャックにさすだけで利用できるお手軽な有線イヤホンもまだまだ利用しますが、外ではほぼワイヤレスイヤホン一択です。

デメリットとしてバッテリー切れや音飛び、途切れ、遅延が発生する可能性がありますが、Bluetoothのバージョンがあがることでこのようなデメリットもかなり解消されてきています。

Bluetooth

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のBluetoothバージョンは5.1となっています。

バージョンがあがると、接続の安定性とバッテリーの省電力性が向上します。

現在の最新バージョンは5.3なので少し前の世代となっていますが、5台であればそこまで大きな違いはない印象です。

私が所有するBluetooth5.0のイヤホンは、大きな駅でかなりの人混みになると少し途切れが出てしまいますが、そういった環境以外では特に問題ありません。

室内でも、トイレの壁程度であれば問題なく通信できています。

口コミを確認しましたが、音飛びに関しては特に言及されている口コミが無く、途切れは無いという口コミが2件、遅延もほとんどないという意見が3件程度で、低評価の口コミは見られませんでした。

バッテリー

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のバッテリー持ちは、イヤホン単体で約8時間、充電ケースを利用すれば最大200時間という超長持ちのワイヤレスイヤホンになっています。

最近のBluetooth5.3のワイヤレスイヤホンでも長くて6時間というイヤホンが多いですが、それ以上のバッテリー持ち、ケース込みの再生時間はまさに桁違いとなっています。

これは最近のワイヤレスイヤホンが小型化を重視しているなか、Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8は比較的大きいので、それに比例してバッテリーの容量も大きいのではないかと考えています。

省電力性の向上という効率化より、絶対量で勝負しようという印象です。

実際、充電ケースの容量は3500mAhとイヤホンの充電ケースとは思えない容量になっています。

この充電ケースからスマホ等を充電することも可能ですが、最近のスマホは大容量になってきていますし、個人的には充電するならモバイルバッテリーとして販売されている商品の方が良いかなと思います。

あまり大した量を充電できないとは思いますが、それでも万が一の場合に少しでも充電できるのは安心で良いですね。

また、バッテリーの残量が数値で表示されてわかりやすいことも高評価になっていました。

防水

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の防水性能はIPX7となっています。

末尾の数字が防水性能を表していて、7というのは1mの水深で30分浸水しないというレベルになっています。

なお、テストには常温の真水が利用されるようです。

そのため、温泉水やプールの水といった真水でない場合や、お風呂のお湯も常温より温度が高いので、故障する可能性はありますのでご注意ください。

雨や汗程度では問題ないので、屋外でのジョギングや屋内、ジムでの運動でも利用できます。

ENCノイズキャンセリング

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8にはENCノイズキャンセリング機能が搭載されています。

他の画像ではCVCノイズキャンセリングと記載されているものもありました。

どちらも、音楽鑑賞用のノイズキャンセリングではないのでご注意ください。

もちろんカナル型で耳の穴を塞いでいるので耳栓と同様の遮音効果はありますが、一般的に「ノイズキャンセリング」と言われてイメージする機能はまた別ものになります。

ANC、アクティブノイズキャンセリングというのが一般的にノイズキャンセリングのイメージに近いもので、マイクで拾った音(ノイズ)を打ち消すような音を発生させて、音楽を聞こえやすくする機能です。

ENCノイズキャンセリングやCVCは通話時に、相手にこちらの声を聞こえやすくする機能なので名前は似ていますが用途は別です。

また、今までいくつか低価格のワイヤレスイヤホンを見てきましたが、ANCノイズキャンセリングが搭載された完全ワイヤレスイヤホンはもう少し高い価格帯からという印象です。

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!まとめ

Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8の口コミ・レビューをチェックしました。

口コミの数があまり多くないこともあってか、低評価の口コミがほぼ見られませんでした。

個人的には私が初めて購入したワイヤレスイヤホンとケースやイヤホンの形が似ていて親近感の湧くデザインです。

フィットしないという口コミが見られましたが、その他は概ね高評価で、音質が良いという口コミも多く見られました。

音質に関しては個人の好みなので高評価が多くても実際に自分が気に入るかは使ってみないとわからないところではありますが、多くの口コミで音質が悪いと言われていると期待できないのと同様、Szoxo 完全ワイヤレスイヤホン A8は高評価が多かったのでちょっと期待できそうですね。

タイトルとURLをコピーしました