CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

イヤーカフ型イヤホン

最近、街中でイヤーカフ型イヤホンを使っている人をちらほら見かけます。

Amazonのランキング上位にもランクインすることが増えてきて、この新しい形状のイヤホンが気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、有名ブランドのイヤーカフ型イヤホンは価格が高く、手が出しにくいと感じる方もいるでしょう。

Amazonでお手頃価格のイヤーカフ型イヤホンを見つけたものの、品質に不安を感じることもあるかもしれません。

実は、Amazonで販売されているお手頃価格のイヤーカフ型イヤホンでも、口コミをチェックすると評価が高い商品が存在します。

気になるイヤホンがある方は、口コミをチェックしてみましょう。

低評価の口コミもしっかりと確認して、問題がなさそうなら試してみる価値はあります。

私も、以前、低評価の口コミをチェックして問題なさそうなものを試してみたところ、「意外といいな」と感じるイヤホンが見つかりました。

ということで、今回はCPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の口コミ・レビューをチェックしてみました!

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3のレビュー・口コミを徹底検証 !

アマゾンでCPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3のレビューや口コミをチェックしました。

低評価の口コミでは、音量や低音に不満があるという声がありました。

空気伝導イヤホンになるので、角度がずれたり、ベストポジションでないと音量や音質が落ちる可能性があります。

反対に、手頃な価格でありながら機能と音質がしっかりしていると評価されている意見も。

執筆時ですがかなりのお手頃価格になっているので、コスパはよさそうな印象です。

では、先に低評価のレビューを見て、次に高評価のレビューを見てみましょう!

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の残念なレビュー・口コミ

まずはCPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の残念なレビュー・口コミから。

悪いとこ
音が小さい。スマホの音量最大でも小さい。
低音がない。高音シャカシャカ。
音の出る穴の位置が外に向いている為、外に音が出ている。
音の出る穴を無理矢理耳に突っ込むと低音もそこそこ。音質は悪い。
低音派にはカナル型の方が良い。
耳の外にイヤホンを当てて聴いている感じ。

良いとこ
着けている感覚がない。
軽い。
耳への負荷は低い。
大音量にならないので、耳が悪くはならなそう。
手でギュッと押し付けて聴くと低音もそこそこ効く感じになる。

結果的に私にはカナル型の方が合っていると感じた。
恐らくもう使うことはない。
メルカリ行き。

引用元:Amazon CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3のレビューより

良さがわからない。 という口コミです。

まず、音量と音質について低評価です。

「音が小さい」という点が挙げられています。

スマホの音量を最大にしても、音が小さいと感じるようです。

こちらは、他の口コミも確認してみると、音量に関しては評価が割れていました。

「音量が小さい」と感じる口コミが、こちら含めて2件。

反対に「音量が充分」という意見も、2件見られました。

これは、イヤーカフ型イヤホンの構造が影響しているのかなと思います。

イヤーカフ型イヤホンは、「空気伝導」で音を伝えます。

スピーカーから一定方向に音が伝わり、それを鼓膜で聞きとるイメージです。

そのため、設置する角度が悪かったりフィットが悪かったりすると、鼓膜まで届く音の量が少なくなる、ということも考えられます。

音量が小さいと感じる場合は、初期不良か、ベストな角度でないことが原因となっている可能性があります。

また、「低音がない、高音がシャカシャカ」という音質についての不満もあります。

音量や音質は個々の好みや用途によって評価が変わるため、1つの口コミを見るだけでは判断が難しいところです。

音質に関しても、ベストポジションが見つかれば改善される可能性もあるので、まずはベストポジションを見つけられるように色々な角度を試すのがよいでしょう。

また、イヤーカフ型イヤホンの特徴である「周囲の音が聞こえる」ということも、音質に影響する可能性があります。

周囲の音は、特にベースのような低音と被る印象です。

そのため、低音がないと感じるのは、構造上ある程度仕方ないことだと私は考えています。

そのことを踏まえてかと思いますが、他の口コミを見ると、音質に関しては「悪くない、問題ない、及第点」といった意見が多く見られた印象です。

低音にこだわったり、音楽鑑賞で使うのなら、私もカナル型の方をおすすめします。

イヤーカフ型イヤホンは、周囲の音を聞きながら音楽を楽しめる点が大きな特徴です。

ノイズを遮断しないので、音楽鑑賞優先という用途には正直向きません。

屋外などで周囲の音を聞き、安全に散歩したりジョギングする。

もしくは屋内でも家事をしながら、必要に応じてコミュニケーションをとる、というような用途に向いています。

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の良いレビュー・口コミ


続いてCPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3のいいレビュー・口コミはこちら。

強いて悪いところを言うなら、低音がとにかく弱い。というか音出てるんかっていうくらい弱い。

単純なカナル型と比べると装着時の安定感は良いが、どうしても耳たぶを挟むような形になるので窮屈感はどうにもならないです。

ただ、2000円切るBT機器としては機能・音質共に全然及第点。

ゲートカットが甘かったり(デザインナイフで処理)充電器の接点との接触が悪くてディスプレイ上認識されないことがあったりと「品質」的には怪しい部分も・・・この辺も値段相応と割り切るべし。

引用元:Amazon CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3のレビューより

値段相応・低音が弱い という口コミです。

低音が弱い点は低評価でした。

これは上でも記載した通り、構造としてある程度仕方ない部分かなと思います。

装着時の安定感も、窮屈感はあるということですが、カナル型と比べると良いとの評価です。

イヤーカフ型の特性を活かして、しっかりと耳にフィットする設計になっているようです。

運動中や外出先での使用を考えている方にとって、装着の安定性は重要なポイントなので、この点はおすすめできそうです。

価格に対しての機能と音質は評価されています。

「2000円切るBT機器としては機能・音質共に全然及第点」とのこと。

価格を考慮すれば性能はコストパフォーマンスが高いと言えそうです。

その他、やや品質に怪しい部分があるとしながらも、値段相応と割り切れるとのこと。

初心者でまずはどんな感じなのか試してみたいという方や予算が限られている方には、この点は非常に魅力的な要素となります。

初め受け取った製品は少しノイズがあったので、相談したらすぐに交換に応じてくださってサポートがよかったです。
商品自体も、自分の耳の形に合わせて装着できて負担もなくとてもよかったです。
外の音も遮断しないので、自分の用途には合っています。音質は思ったよりクリアで個人的には不満はありません。音質を求める方はカナル型の方が良いと思います。
ケースも分厚くないので、カバンにいれても邪魔になりません。
カナル型が苦手な私にはとても満足な買い物でした。

引用元:Amazon CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3のレビューより

製品も満足だし、サポートもよかった という口コミです。

カスタマーサポートの質について高評価です。

「初め受け取った製品は少しノイズがあったので、相談したらすぐに交換に応じてくださってサポートがよかったです」とのこと。

特にオンラインでの購入では、サポートの質は非常に重要です。

何か問題があった場合でも対応してもらえるというのは安心できるポイントですね。

装着感と耳への負担も高評価。

耳への負担が少ないという点は、長時間の使用においても快適さを保つために重要です。

外の音も聞こえるという特徴が用途にあっているとのこと。

屋外での運動や屋内でも、周囲の音が聞こえることで便利な場面は多いです。

特徴を理解して、適切な場面で利用するのがおすすめです。

音質も個人的に不満なしと評価されています。

持ち運びについても、ケースが分厚くなく邪魔にならないという点を評価されています。

イヤホンは持ち歩いて利用することが多いので、持ち運びに便利な設計は好印象ですね。

あまり名前を聞いたことのないメーカーはサポートが不安だと思うので、このような口コミがあると安心できそうです。

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の性能と特徴

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の性能・特徴を紹介します。

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の性能

詳細情報
電池使用 ‎いいえ
ブランド名 ‎CPWORLD
メーカー ‎CPWORLD
サイズ ‎D3

参照:Amazon CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3 商品紹介ページより

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の特徴

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の特徴を見ていきましょう!

イヤーカフ型イヤホン

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の最大の特徴は、イヤーカフ型イヤホンである点です。

イヤーカフ型イヤホンとは、イヤーカフのように耳たぶにかけるタイプのイヤホンです。

その最大の特徴は、骨伝導イヤホンと同じように、耳の穴を塞がないことです。

密閉型イヤホンと比べると、イヤーカフ型イヤホンのデメリットは、音漏れや外音の混入が多いことです。

周囲の環境によっては、音量を上げないと聞きづらくなったり、音漏れで周りに迷惑をかけたりする可能性があります。

耳を塞がないことで、周囲の音が聞こえやすくなります。

メリットにもなりますが、電車内など周囲の音が大きい環境では全くと言っていいほどおすすめできません。

というのも、周囲の音が大きすぎて音楽が相対的にかなり小さくなってしまうからです。

負けじと音量を上げてしまうと、スピーカーが外に出ている構造なので、密閉型イヤホンより音漏れもしやすくなります。

電車内で利用するなら、カナル型など密閉型イヤホン、もしくは骨伝導イヤホンと耳栓の組み合わせをおすすめします。

一方、イヤーカフ型イヤホンにはメリットもたくさんあります。

密閉型イヤホンと比べると、耳の穴を塞がないので、耳の中が蒸れたり痒くなったりすることがありません。

また、外音を完全に遮断しないので、周囲の状況を把握しながら音楽を楽しめます。

例えば、散歩やジョギングなどのアウトドアで使用する場合は、交通事情を把握したり危険な状況を回避できる可能性が高まります。

また、屋内でイヤホンを利用していると、家族に話かけられた際に聞こえなかったり、会話するために外さないといけなくなったりします。

それが耳を塞がないイヤーカフ型イヤホンなら、そのままでも反応したり会話したりできるので、いちいちイヤホンを外さなくてよく、便利です。

以上のように、イヤーカフ型イヤホンは耳を塞がないという特徴によるメリット・デメリットがあります。

この特徴によって利用に適した状況と適さない状況があるので、きちんと理解したうえで利用するのがおすすめです。

ワイヤレスイヤホン

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3はワイヤレスイヤホンです。

ワイヤレスイヤホンとは、ケーブルを使わずに音楽や通話を楽しめるイヤホンのことです。

Bluetoothという無線技術でスマートフォンやパソコンと接続します。

有線イヤホンと比べると、ワイヤレスイヤホンの最大のメリットは、ケーブルがないことです。

ケーブルがないと、絡まったり引っかかったりする心配がありません。

絡まったケーブルをほぐす作業、めちゃ面倒ですよね…

私も未だに有線イヤホンを利用して、ほぐすことがあるのでよくわかります。

また、タッチノイズという、ケーブルが服や体に触れると発生する不快な音もありません。

通勤通学で有線イヤホンを利用すると、このタッチノイズが気になるかと思います。

私も通勤ではもう有線イヤホンには戻れないなと思っています。

しかし、ワイヤレスイヤホンにもデメリットがあります。

一つは、バッテリー切れのリスクがあることです。

充電を忘れたり、長時間使用したりすると、途中で音が聞こえなくなる可能性があります。

もう一つは、音飛び・途切れ・遅延が起こる可能性があることです。

無線技術の性質上、電波の干渉や距離・障害物によって、音が途切れたりずれたりすることがあります。

しかし、これらのデメリットは、最新のBluetoothバージョンで大幅に改善されています。

BlueTooth

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3 のBluetoothバージョンは5.3です。

イヤーカフ型イヤホンを選ぶ際に気になるのが、BlueToothのバージョンです。

最新のBlueTooth5.3は、従来のバージョンと比べて、電波の接続安定性が大幅に向上しています。

これにより、イヤホンとスマホやPCとの間で、音飛びや途切れが発生する可能性が低くなりました。

ただ、遅延に関してはまだ改善の余地がある印象です。

というのも、最新のBluetoothバージョン5.3でも、遅延を感じるという口コミが見られることがあります。

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の口コミを調べました。

音飛び・途切れに関しては、言及された口コミはありませんでした。

遅延に関しては、「遅延は一切ない」という口コミがありました。

動画視聴か、ゲームか、ゲームの中でもシビアなFPSや音ゲーなのかによっても評価が変わるところですが、残念ながらどの状況かまでは不明でした。

Bluetoothバージョンが向上することで、音飛びの改善以外にもバッテリーの省電力性も高まっており、イヤホンの使用時間が長くなっています。

バッテリー

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3のバッテリー持ちは、イヤホン単体で6時間、充電ケースを利用すれば30時間となっています。

通勤通学で使う場合、片道1~2時間程度の移動時間には十分対応できます。

ケースに収納すればまた自動的に充電されるので、帰りもフル充電の状態からまた利用できます。

仕事や会議で使う場合も、極端に長時間連続で利用する必要がなければ、問題ないでしょう。

もし長時間使う場合は、適度に休憩時間などでケースに収納して充電することをおすすめします。

また、CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3はUSB Type-C充電なので、従来のmicroUSBと比較すると充電速度が速く便利です。

充電残量がわかりやすく数字で表示されていますが、万一充電を忘れたときにも短時間である程度の再生時間を確保できるので助かりますね。

防水

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の防水レベルはIPX4です。

これは、飛沫に対して耐性があることを意味します。

つまり、雨や汗程度であれば多少濡れても安心かなというところです。

シャワーのような噴流水に耐えられるレベルはIPX5になるので、そこまでは耐えられないかなと。

そして、防水テストは常温の真水で行われるため、それ以外の条件では保証されません。

プールやサウナや海水や温泉水などは、イヤホンにダメージを与える可能性が高いので注意が必要です。

防水イヤホンでも、なるべく水に濡れないようにする方が良いでしょう。

特にIPX7のようにレベルが高いものもあるなかIPX4と若干レベルが下がるので、なるべく濡れないようにするのが安心です。

ノイズキャンセリング

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3はノイズキャンセリングが搭載されています。

ノイズキャンセリングとは、外部の音を低減する機能のことです。

ノイズキャンセリングにはいくつか種類がありますが、一般的にイメージするのはANC(アクティブノイズキャンセリング)でしょう。

ANCは、外部の音に逆位相の音を重ねることで、音を打ち消す仕組みです。

一方、ENC(環境ノイズキャンセリング)は、通話相手にこちらの音をきれいに届ける仕組みです。

商品ページの画像からは、CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3に搭載されているのはENCノイズキャンセリングのようです。

ANCは音楽鑑賞にメリットがありますが、ENCやその他のノイズキャンセリングは音楽鑑賞にメリットがありません。

しかし、イヤーカフ型イヤホンは周りの音を適度に聞く「ながら聞き」特化のイヤホンなので、ANCノイズキャンセリングが搭載されていなくても気にしなくてよいと言えます。

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!まとめ

CPWORLD イヤーカフ型イヤホン D3の口コミ・レビューをチェックしました。

低評価の意見としては、音量が小さく、低音がほとんど感じられないという点が挙げられています。

また、音が外に漏れやすい、音質も不満という意見がありました。

低音を重視する方や音楽鑑賞重視される方は、私もカナル型イヤホンの方をおすすめします。

イヤーカフ型イヤホンの長所は、周囲の音を聞けることで屋外で安全に利用できるところと、屋内でも簡単にコミュニケーションを取れるところです。

その長所に価値を感じられる方におすすめです。

高評価の意見としては、品質にはいくつかの問題点があるものの、価格が手頃であり、機能と音質が及第点であると評価されています。

また、カスタマーサポートが非常に良いと評価されています。

装着感が良く、耳への負担が少ない点や、音質がクリアである点についても高く評価されていました。

価格もかなりお手頃になっているので、イヤーカフ型イヤホンを試してみたいという方にも試しやすい価格です。

タイトルとURLをコピーしました