Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

イヤーカフ型イヤホン

イヤーカフ型イヤホン、最近人気のようですね。

オープンイヤーで周囲の音を聞きながら音楽も聞こえる、ながら聞きに特化したイヤホンです。

Amazonランキング上位でも常にランクインしているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

ただ、色々なイヤーカフ型イヤホンがランクインしているので、どれを選べばよいのか悩んでいる方も多いかもしれません。

そんな場合には、口コミをチェックしてみましょう。

口コミを見てみると、実際に使ってみた人たちの感想が書かれていて、参考になります。

気になったものは、低評価の口コミもチェックしてみて、問題なさそうであれば試してみるのもよいでしょう。

お手頃価格でも満足のいくイヤホンに出会えるかもしれませんよ。

ということで、今回はDufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の口コミ・レビューをチェックしてみました!

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のレビュー・口コミを徹底検証 !

アマゾンでDufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のレビューや口コミをチェックしました。

音質が良くない、音漏れが大きいという意見が見られました。

オープンイヤー型イヤホンはながら聞き特化なので、音質にこだわる方は向いていないかもしれません。

ただ、周りの音を聞きながら安全にジョギングをしたい、屋内でも家族に話かけられたらそのまま会話したい、という方に向いているイヤホンです。

お手頃価格なので、オープンイヤー型イヤホン、イヤーカフ型イヤホンを試してみたいという方に向いている印象です。

では、先に低評価のレビューを見て、次に高評価のレビューを見てみましょう!

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の残念なレビュー・口コミ

まずはDufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の残念なレビュー・口コミから。

先ずは数少ない良い点として確かに耳は痛くなりにくいだろう。がしかし、挟み方がゆるゆるで落ちやすいというでもリットも併せ持っている。当然装着位置がずれて結果音質が変わり(低音がなくなり)音量も小さくなる。骨伝導とはいっても完全にそれに頼っている訳ではなく、耳元で鳴らすスピーカー音とのミックスである。なので安定した音質は得られにくく、外部への音漏れは当然他機種よりも大きい。あれ?なんかデメリットしかありませんね?せめて耳を挟み込む強さが微調整出来たなら、諸々改善されるのではないだろうか。。

引用元:Amazon Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のレビューより

完全な骨伝導ではない。 という口コミです。

イヤーカフ型イヤホンは、耳を塞がないオープンイヤー型の構造のため、耳が痛くなりにくいのが特徴です。

特に、カナル型イヤホンやインナーイヤー型のイヤホンで、長時間使用すると耳が痛くなりやすい人にはおすすめです。

ただ、イヤーカフ型イヤホンは、耳を塞がない構造のため、音漏れしやすいのが特徴です。

これはオープンイヤー型イヤホンの特徴で、骨伝導イヤホンも同じです。

特に、電車やバスなど、周囲に人がいると音漏れが気になるかもしれません。

また、耳を塞がないため周囲の騒音も大きく聞こえるので、そもそも電車やバスでの利用には向いていません。

また、イヤーカフ型イヤホンは、骨伝導と違い空気伝導です。

空気伝導イヤホンは、スピーカーの位置や角度で音質が変わりやすかったりします。

なので、最初のうちは音質がよくなる位置や角度を色々と調べてみるのがよいでしょう。

第一印象の音質がイマイチでも、色々と調節しているうちにベストポジションが見つかり、意外と音質が良いと感じることもあるかもしれません。

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の良いレビュー・口コミ


続いてDufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のいいレビュー・口コミはこちら。

落として紛失するのが怖くて今までワイヤレスイヤホンを買えなかったけどこの形なら落ちないかも!と思い初購入(主にサイクリング中の使用が目的)
外部音が遮断されなさそうだなと思ったのもポイント

半月ほど使ってみて良かった所
・本当にペアリング簡単だった
・自転車で段差や悪路をガタガタ進んでる時も落ちないズレない
・マラソン程度の軽く走る程度でも落ちない
・ちゃんと周りの音が聞こえる
・雨や交通量の多い場所など周囲がうるさい時は、かなりボリュームを上げないと聞こえない(目的通りなので良し)
・そのボリュームを上げた状態でも隣の席の人に音漏れが聞こえていない(満員電車並みに隣接してると聞こえるかもしれないけど不明)
・多少痛いかと覚悟してたけど、1時間弱程度の使用ではほぼ耳が痛くない&疲れない(心身が不調な時は痛くなりやすい)
・通話も出来る。相手の声もクリアに聞こえた

特に悪いところは無いです
今のところ片耳だけ聞こえなくなった等の不具合も無し。長持ちして欲しい!
あえてあげるなら、マスクと同時着用したあと急いでマスクを外そうとすると紐が引っかかってイヤホンが落ちそうになるので扱い方にご注意
一番付けたい位置にメガネのツルが邪魔でつけられない事もあるかも

引用元:Amazon Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のレビューより

耳から落ちない!買ってよかったです という口コミです。

落として紛失するのが怖くてワイヤレスイヤホンを試せなかったとのことです。

私も、一度ワイヤレスイヤホンを落として紛失したことがあるので気持ちはよくわかります。

絶対なくしたくないなら、耳にひっかけるような骨伝導イヤホンや、耳掛け式イヤホンというものもあったりします。

イヤーカフ型イヤホンも、耳たぶにひっかけるような構造なので、インナーイヤー型イヤホンと比較すると落ちにくいと思います。

自転車やマラソン程度の振動であれば落ちないとのことなので、安定していますね。

また、周囲の音が聞こえるのもおすすめのポイントです。

骨伝導イヤホンもそうですが、オープンイヤー型イヤホンの最大の特徴ですね。

ジョギングなどでも、車の存在に気づきやすく、安心して走ることができます。

イヤーピースを耳の中に入れるカナル型と比較しても、長時間利用しても疲れにくいという特徴もあります。

こちらのレビュアーの方は、音漏れも気にならないという評価でした。

イヤーカフ型イヤホンの特徴をおさえて、適切な場面で適切に利用されている印象です。

電車などは、騒音も大きくボリュームを大きくしがちなので、その分音漏れもしやすいです。

なので、そのような騒音が大きいような環境には向いておらず、反対に密閉型のイヤホンの方が向いています。

イヤーカフ型イヤホンに限ったことではないですが、向いていない環境で無理に利用しないようにしましょう。

子どもがSwitchでゲームをするのにイヤフォンだと、声をかけても全然聞こえないのとiPhoneでLINE電話しながらゲーム中に充電が出来ず(使用しながらの充電良くないでしょうが。。。)不満そうだったので、これならどうかな??と、思い購入してみました。
Bluetoothに接続するのも解除するのも簡単で、話も普通に出来お互い快適です。
電池の残量が見えるのも良いポイントですね!
自分用にも購入検討中です♪

引用元:Amazon Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のレビューより

話してる声が聞こえる! という口コミです。

オープンイヤー型イヤホンを利用すべき案件ですね。

密閉型イヤホンは、集中する場合には良いですが、会話したい場合にはあまり向いていません。

いちいちイヤホンを外して会話するのは面倒ですよね。

そのような場合は、イヤーカフ型イヤホンは便利です。

耳を塞がないので、音楽やゲームの音は聞きながらも、話しかけられた場合には普通に相手の声が聞こえます。

なので、会話するためにわざわざイヤホンを外す必要もありません。

私は会話に集中するために音楽を停止しますが、会話できるのであればそのままでも問題ないでしょう。

不意に会話が始まりやすい、家事中なども、このようにいつでも会話できるイヤーカフ型イヤホンはおすすめです。

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の性能と特徴

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の性能・特徴を紹介します。

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の性能

詳細情報
バッテリー要/不要 ‎はい
型式 ‎インイヤー
ケーブルの特徴 ‎ケーブルなし
コントロールタイプ ‎Bluetooth
ブランド ‎Dufuiix
色 ‎黒い
メーカー ‎Yoyoya
接続方式 ‎無線
素材 ‎フェイクレザー
付属品 ‎ケーブル
梱包サイズ ‎8.8 x 8.1 x 3.2 cm; 80 g

参照:Amazon Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8 商品紹介ページより

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の特徴

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の特徴を見ていきましょう!

イヤーカフ型イヤホン

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の最大の特徴は、イヤーカフ型イヤホンという点です。

イヤーカフ型イヤホンとは、耳の穴に差し込むのではなく、耳の外側にかけるタイプのイヤホンです。

このタイプのイヤホンは、密閉型イヤホンと比べてどのような特徴があるのでしょうか。

まず、デメリットとしては、音漏れがしやすいことが挙げられます。

耳の穴を塞がず、スピーカー部分が外に出ているため、周囲に音が漏れやすく、周囲の人に迷惑をかける可能性があります。

また、外部の音も聞こえやすいため、騒音の多い場所では音楽を楽しむことが難しくなります。

一方、メリットとしては、耳に負担がかからないことが挙げられます。

耳の穴を塞ぐと、耳に圧力がかかり、長時間使用すると痛みや不快感を感じることがあります。

しかし、イヤーカフ型イヤホンは、耳を塞がないため、カナル型イヤホンでストレスを感じる方でも快適に使用できる可能性が高いです。

また、耳に空気が通るため、ムレや発汗を防ぐことができます。

さらに、耳を塞がないことで便利だと感じることもあります。

例えば、電話やインターホンなどの着信音を聞き逃さないことができます。

また、周囲の様子を把握できるため、安全性も高まります。

さらに、会話や挨拶などのコミュニケーションもスムーズに行えます。

以上のように、イヤーカフ型イヤホンは、密閉型イヤホンと比べてメリットとデメリットがあります。

周囲の音を聞きながら音楽を聞くことができる、ながら聞きに特化したイヤホンというのが最大の特徴です。

ワイヤレスイヤホン

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8はワイヤレスイヤホンです。

ワイヤレスイヤホンとは、ケーブルを使わずに音楽を聴くことができるイヤホンです。

Bluetoothなどの無線技術を利用して、スマートフォンやパソコンなどの音源と接続します。

有線イヤホンと比べて、ワイヤレスイヤホンの最大のメリットは、ケーブルがないことです。

ケーブルがないということは、以下のような利点があります。

・ケーブルが絡まらないので、取り出しや収納が簡単

・ケーブルが引っかかったり引っ張られたりする心配がない

・ケーブルが擦れることによるタッチノイズが発生しない

このように、ケーブルがなくて便利だと感じるシーンは多いでしょう。

特に、外出時や運動時には、ケーブルの邪魔さを感じることが多いと思います。

私自身、有線イヤホンをまだ利用していますが、いちいち絡まるのでストレスを感じています…笑

そんな場合には、ワイヤレスイヤホンがおすすめです。

自由に動きながら、快適に音楽を楽しむこともできます。

しかし、そんなワイヤレスイヤホンにもデメリットがあります。

その一つは、バッテリー切れの可能性があることです。

有線イヤホンは接続する機器から電力を供給されますが、ワイヤレスイヤホンは内蔵のバッテリーで動作します。

そのため、使用時間に限りがあります。

バッテリー残量に気を付けないと、最悪の場合、音楽を聴いている途中で音が途切れてしまうかもしれません。

もう一つのデメリットは、音飛び・途切れ・遅延が発生する可能性があることです。

無線技術は電波の影響を受けやすく、周囲の環境や距離によっては、音質や安定性に問題が生じることがあります。

特に、動画やゲームなどの映像と音声を同時に楽しむ場合には、遅延が気になることがあります。

しかし、これらのデメリットは最新のBluetoothバージョンで改善されています。

最近のBluetoothでは、通信速度や範囲が向上し、音飛び・途切れ・遅延の発生率が低減されています。

また、バッテリー持ちも長くなっています。

Bluetooth

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のBluetoothバージョンは5.3です。

最新のBlueTooth5.3は、従来のバージョンと比べて、電波の接続安定性とバッテリーの省電力性が向上しています。

これにより、音飛びや途切れ、遅延といった問題が改善されました。

しかし、完全に遅延がなくなったわけではありません。

音ゲーやFPSといったタイミングがシビアなゲームでは、まだ遅延を感じるという口コミも見られます。

その場合は、もう少し高い価格帯の低遅延ワイヤレスイヤホンや有線接続がおすすめです。

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の口コミをチェックしました。

音飛びに関しては、1件、音飛びがひどいという意見がありました。

混みあっている場所では、音飛びや途切れは発生しやすいです。

これはBluetooth5.0程度では顕著です。

5.3でも改善されているとはいえ、あまりに電波が多いような、ターミナル駅などは要注意です。

途切れに関しても、途切れるという意見が多く見られました。

遅延は感じられないという意見が2件でした。

口コミ件数が多いこともあるかもしれませんが、電波に関する低評価の口コミが複数見られて、Bluetoothバージョン5.3にしては電波の安定性が若干低いのかなという印象を受けました。

そして、Bluetoothバージョンが向上することでバッテリーの省電力性も向上し、バッテリー持ちも長くなりました。

一度の充電で何時間も快適に音楽を楽しめます。

バッテリー

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のバッテリー持ちは、イヤホン単体で約8時間です。

通勤通学には十分なバッテリー持ちです。

片道1~2時間程度の移動なら、問題ないでしょう。

片道移動が終わればケースに収納すれば充電できるので、帰りもバッテリー切れの心配はありません。

仕事や会議で利用する場合も、長時間連続で使用しなければ問題ありません。

必要に応じて充電ケースに収納して充電することをおすすめします。

また、イヤーカフ型イヤホンAはUSB Type-C充電に対応しています。

これは、microUSB充電よりも急速充電ができるというメリットがあります。

約1時間でイヤホンを満充電でき、短時間で充分なバッテリー残量を確保できるので、忙しい方にも便利です。

防水

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8は、IPX〇という防水レベルの記載はありませんでしたが、防水性能を備えていると記載されています。

多少の雨や汗に濡れても壊れないという安心感があります。

しかし、防水テストは常温の真水で行われるため、それ以外の条件では故障する可能性があります。

例えば、プールやサウナや海水や温泉水などは、塩分や温度や化学物質などが含まれているので、イヤーカフ型イヤホンにダメージを与える可能性が高いです。

そのため、こういった場所では使用しないほうがよいでしょう。

これは、IPX7というほぼ最高レベルの防水性能のイヤホンでも私は書いています。

防水イヤホンでも、水に濡れることにメリットはなく、むしろ、音質や装着感が低下したり、耳に不快感を与えたりする可能性もあります。

そのため、防水イヤホンでもなるべく水に濡れないようにする方が良いでしょう。

ノイズキャンセリング

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8はENCノイズキャンセリングを搭載しています。

ノイズキャンセリングにはいろんな種類がありますが、よく聞くのはANC(アクティブノイズキャンセリング)だと思います。

CMでアピールされているアレです。

ANCノイズキャンセリングは、外から入ってくる音を逆位相の音で打ち消すことで、ノイズを低減する機能です。

他にはENC(環境ノイズキャンセリング)やCVC8.0(クリアボイスキャプチャ)というものがあり、これらはマイクを使って自分の声を相手にキレイに届ける機能です。

これらのノイズキャンセリングは、音楽鑑賞には関係ありません。

ノイズキャンセリングはあれば良いと思うかもしれませんが、そもそもイヤーカフ型イヤホンは周りの音も聞きながら音楽も楽しむ、ながら聞きに特化したイヤホンです。

そのため、ANCノイズキャンセリングがついていなくても問題ないかと思います。

AAC対応

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8はAACコーデックに対応しています。

コーデックとは、Bluetooth機器で音を圧縮する方式のことです。

標準でSBCというコーデックが利用できるので、AACに対応しているかよくわからなくても、Bluetoothで音楽を聞くことはできます。

なので、難しい、あまり興味がないという場合は飛ばしてもらっても構いません。

AACは、主にiPhoneなどで利用できるコーデックで、MP3よりも高い圧縮率と音質を実現できるという特徴があります。

AACを利用できることで、イヤーカフ型イヤホンで高音質な音楽を楽しむことができます。

AACは、音質が良いというだけでなく、低遅延や低消費電力などのメリットもあります。

Androidでも、一部の機種ではAACに対応しています。

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!まとめ

Dufuiix イヤーカフ型イヤホン X8の口コミ・レビューをチェックしました。

低評価の口コミとしては、イヤーカフ型イヤホンの装着感や音質に不満が多く、耳に合わないと感じる人がいるようです。

特に、耳を挟む強さが調整できないことや、外部への音漏れが大きいことも問題点として挙げられています。

一方、高評価の口コミとしては、イヤーカフ型イヤホンの特徴である周りの音が聞こえることや落ちにくいことを評価する人が多いです。

また、ペアリングや通話の機能も簡単で快適だという声があります。

マスクやメガネとの併用には注意が必要だという注意点もありますが、全体的には高評価の意見が多く見られた印象でした。

イヤーカフ型イヤホンは、周りの音を聞きながら音楽を楽しみたい方、骨伝導イヤホンも試して気に入ったけど、締め付けられるような感じが苦手だった、という方におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました