Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

イヤーカフ型イヤホン

Amazonランキング上位にランクインしているイヤーカフ型イヤホン。

最近は街中でもイヤーカフ型イヤホンを使っている人を見かけることがあります。

あなたも気になっているのではないでしょうか?

しかし、有名ブランドのイヤーカフ型イヤホンは高価。

かといってAmazonで見つけたお手頃なものは品質が心配…

どう選べばいいのか、悩ましいですよね。

でも、Amazonの口コミをチェックすると、意外と評価の高い商品が見つかります。

気になるイヤホンは、口コミをチェックしてみましょう。

低評価の口コミもチェックして、問題なさそうであれば、一度試してみるのも一つの方法かもしれませんね。

ということで、今回はFun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の口コミ・レビューをチェックしてみました!

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のレビュー・口コミを徹底検証 !

アマゾンでFun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のレビューや口コミをチェックしました。

つけ方を間違えると音漏れするという意見がありました。

空気伝導イヤホンなので、着け方、角度は重要です。

最初にしっかりベストポジションを探しておくのが良いでしょう。

音漏れは、オープンイヤー型イヤホンなのでする前提で使いましょう。

音漏れが気になる電車内や静かな場所での利用は向いていません。

屋外で散歩、ジョギング、屋内での家事など、音漏れが気にならないような環境での利用がおすすめです。

このような利用方法を予定されている方には、お手頃価格ということもありおすすめのイヤホンです。

では、先に低評価のレビューを見て、次に高評価のレビューを見てみましょう!

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の残念なレビュー・口コミ

まずはFun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の残念なレビュー・口コミから。

付け方を間違えると思いっきり音漏れします。
しかも音漏れしているかどうかは付けた本人は全くわからないので、怖くて電車で使うことができません。
外れにくいことは外れにくいので散歩やジョギングでつけるのに向いているのかも。
音自体はいいと思います。

引用元:Amazon Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のレビューより

音漏れが という口コミです。

付け方を間違えると音漏れするという低評価の意見です。

この点は、イヤーカフ型イヤホンの特性上、付け方が非常に重要であることがわかります。

密閉型イヤホンと違ってスピーカーが外に出ていることと、空気伝導イヤホンなので一定方向に音を送るという特徴から、角度が重要になってきます。

正しい付け方を知ることで、この問題は大幅に改善される可能性があります。

角度を間違えると音量が小さく感じたり、音質が悪く感じることがあるので、最初はベストポジションを探してみましょう。

音漏れを気にして電車で使うのが怖いという意見です。

確かに、音漏れするかもしれない状態で使うのは不安ですよね。

繰り返しになりますが、ベストポジションが見つかればある程度改善できる可能性があります。

ただ、密閉型イヤホンと違い、イヤーカフ型イヤホンはオープンイヤー型なので、耳を塞ぎません。

そのため、電車のような騒音が大きい環境での利用は向いていません。

音楽が聞こえにくく、かといって音量を上げると音漏れしやすくなるので、私は電車でのオープンイヤー型イヤホンの利用はおすすめしません。

電車などでは、素直に密閉型イヤホンを利用する方が良いでしょう。

イヤーカフ型にはイヤーカフ型の特徴を活かせる場面があるので、向いていない環境で無理に利用せず、適切な場面で利用しましょう。

レビュアーの方もおっしゃる通り、散歩やジョギングといった屋外での散歩や、屋内でながら聞きがおすすめです。

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の良いレビュー・口コミ


続いてFun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のいいレビュー・口コミはこちら。

カナル型のイヤホンを使ってランニングしていましたが、耳の中の空気が逃げていかない感覚や徐々にずれて落ちて行きそうになるのが気になり、イヤカフ型を試してみました。

最初はこんな形で本当に落ちないの?とかなり不安でした。40分ほど走ってみましたが全然落ちません。
耳の中の空気も呼吸できてる感じがとても快適です。

後ろから来る高速ランナーの息遣いもわかるので急に抜かされてびっくりすることもありませんでした。

音楽でペースがつかめればいいので、音質は求めていませんが、慣れてくれば十分聞けるレベルです。
自転車でカナル型している方いますが本当に危険なので、日常生活で使うにはこちらをお勧めしたいです。

引用元:Amazon Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のレビューより

ランニングしてても本当に落ちない。 という口コミです。

カナル型イヤホンのデメリットから、オープンイヤー型であるイヤーカフ型イヤホンを購入されたようです。

カナル型イヤホンは、イヤーピースや筐体の作りでフィット感が悪いと、徐々にずれて落ちてしまいそうな気がするというのは私も経験があり、よくわかります。

その点、骨伝導イヤホンやイヤーカフ型イヤホンのようなオープンイヤー型は、イヤーピースで支えるわけではないので、安定感が高いイヤホンが多いです。

耳も解放されるので、イヤーピースがストレスになっているような方にもおすすめです。

実際に装着して走ったところ、全然落ちないと高評価です。

他のランナーの気配ももちろん、交通量が多いような場所でも、車が近づいてくるのがわかりやすく、安心して散歩やジョギングを楽しむことができます。

音質は、密閉型イヤホンの方が良いことが多いので、こちらのレビュアーの方のようにあまり期待しすぎないのが良いです。

あくまでながら聞き特化のイヤホンなので、特徴を理解したうえで、適切な用途で利用するのがおすすめです。

自転車ではカナル型のみならずインイヤー型もですが、密閉型は本当にやめた方がよいです。

イヤーカフ型イヤホンでも、風切り音で聞こえないからと音量を大きくするとそれもまた危険なので、安全運転でいきましょう。

耳に挟むタイプのイアホンに惹かれて購入。ギター練習用中に家人対応でながらイヤホンに。音色設定的には、ゲインとリバーブが下がるかな。
話す時に声が大きくなるとのクレームがあり出力は抑える必要があり、繊細な音は苦手?ウオーキングに使うなら丁度いい様に思う。
 追伸/その2 ギターと一緒の音源を追いかけるのでは無く、そこはながらホン。ギターを弾きながら音楽を聴くスタイルが本来の使い方?
アンプで音作りをしながら弾ける。ただ、このままガンガン弾くのは避けよう。

引用元:Amazon Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のレビューより

ギター練習用に流行りのながらイヤホン その2/ながらイヤホンの使い方 という口コミです。

ギター練習用としてというのはユニークですね。

私も音源にあわせてベースの練習をすることがありますが、密閉型イヤホンだと、自分の弾いてる音が聞こえなくて、練習がやりづらいです。

その点、イヤーカフ型イヤホンのようなオープンイヤー型だと、音楽も聞きながら自分の楽器の音も聞くことができます。

特に、アンプを利用せずとも手軽に練習で使うことができて便利だと思います。

もちろん、家人と話す際にも、密閉型イヤホンのようにいちいち外さないと声が聞こえないというようなこともなく、便利です。

ちなみに、ギターやベースの練習ならイヤーカフ型イヤホンも良いですが、ドラムの練習なら骨伝導イヤホンがおすすめです。

特に生ドラムはエレキギターやエレキベースとはけた違いに大きな音なので、耳栓+骨伝導イヤホンで音源を流せば、鼓膜へのダメージが軽減されます。

脱線してしまいましたが、オープンイヤー型イヤホンはバンドマンにもおすすめです。

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の性能と特徴

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の性能・特徴を紹介します。

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の性能

詳細情報
型式 ‎インイヤー
ケーブルの特徴 ‎ケーブルなし
コントロールタイプ ‎Bluetooth
ブランド ‎Fun Deal
色 ‎ブラック
メーカー ‎Fun Deal
接続方式 ‎無線
素材 ‎ゴム
付属品 ‎ケーブル, ワイヤレス充電ケース
梱包サイズ ‎14.1 x 9.1 x 3.2 cm; 90 g

参照:Amazon Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7 商品紹介ページより

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の特徴

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の特徴を見ていきましょう!

イヤーカフ型イヤホン

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の最大の特徴は、イヤーカフ型イヤホンである点です。

イヤーカフ型イヤホンとは、耳の穴を塞がずに耳の外側にかけるタイプのイヤホンです。

このタイプのイヤホンは、音質や遮音性は密閉型イヤホンに劣りますが、耳に負担をかけないで周囲の音を聞きつつ音楽も楽しめるというメリットがあります。

密閉型イヤホンと比較すると、イヤーカフ型イヤホンのデメリットは、音漏れや外部の音の干渉が多いことです。

口コミ紹介でも記載しましたが、騒音が大きい電車内などでの利用は向いていません。

騒音がダイレクトに耳に届くため、音楽が相対的に小さくなってしまいます。

負けじと音量をあげると、スピーカーが外に出ているので、音漏れも起きやすくなります。

骨伝導イヤホンならまだ耳栓を使えるのでギリギリセーフですが、空気伝導のイヤーカフ型イヤホンは耳栓も使えません。

電車では使えないと思っておいた方がよいでしょう。

一方、イヤーカフ型イヤホンのメリットは、耳に圧迫感や痛みを感じないことです。

長時間使用しても疲れにくく、耳の健康にも良いです。

また、耳を塞がないことで、周囲の状況や会話にも気づきやすくなります。

これは、安全性やコミュニケーションの取りやすさの点で有利です。

屋外での散歩やジョギングを安全に楽しみたい方にはもってこいのイヤホンです。

また、屋内でも、話しかけられたらすぐに会話できるのは便利です。

特に、子育て中の方が家事をしながら音楽を聞いたりという用途が向いていると思います。

ワイヤレスイヤホン

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7はワイヤレスイヤホンです。

ワイヤレスイヤホンとは、ケーブルを使わずに音楽や通話を楽しめるイヤホンのことです。

Bluetoothなどの無線技術でスマートフォンやパソコンと接続します。

有線イヤホンと比べると、ケーブルがないので、絡まったり引っかかったりする心配がありません。

絡まったケーブルをイライラしながらほぐす必要がなくなります。

私はほぼ毎回イライラしながらほぐしているので、初めてワイヤレスイヤホンを利用した時は軽く感動しました笑

また、ケーブルがこすれることで発生するタッチノイズもありません。

外出時や運動時には、このタッチノイズは避けられないので、ワイヤレスイヤホンにすると特に便利だと感じるでしょう。

しかし、ワイヤレスイヤホンにもデメリットはあります。

一つは、バッテリー切れの可能性があることです。

有線イヤホンは電源不要ですが、ワイヤレスイヤホンはバッテリー駆動です。

充電を忘れてしまうと、音楽や通話が途中で止まってしまう可能性があります。

もう一つは、音飛び・途切れ・遅延が発生する可能性があることです。

無線技術の性質上、電波の干渉や距離によって、音が途切れたりすることがあります。

しかし、最新のBluetoothバージョンでは、これらの問題は改善されてきています。

BlueTooth

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のBluetoothバージョンは5.3です。

最新版であるBlueTooth5.3は、従来のバージョンと比べて、電波の接続安定性が向上しています。

これにより、イヤホンとスマホやPCとの間で、音飛びや途切れが発生する可能性が低くなりました。

遅延についても改善はされていますが、最新バージョンでも完全に遅延がなくなるわけではありません。

FPSや音ゲーといった、タイミングがシビアなゲームではまだ遅延を感じるという口コミがつくイヤホンも見たことがあります。

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の口コミをチェックしました。

音飛びに言及された口コミは1件で、音飛びが頻繁に起こるという低評価の意見となっていました。

途切れに言及された口コミは2件で、途切れるという意見と途切れないという意見1件ずつとなっていました。

遅延に関しても、言及された口コミが1件で、遅延がひどくてゲームはできないという意見でした。

最新版のBluetoothとはいえ、口コミで言及された内容としては低評価の意見が多くなっていました。

もう1点、Bluetoothバージョンが向上することで、バッテリーの省電力性も高まっています。

このおかげて、イヤホンの使用時間が長くなっています。

バッテリー

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のバッテリー持ちは、イヤホン単体で約8時間、充電ケース利用で最大約40時間となっています。

これはかなりのバッテリー持ちで、通勤通学には十分すぎる時間です。

片道1~2時間程度の移動が終われば、ケースに収納して充電できるので、帰りもフル充電となり、バッテリー切れの心配はほぼないでしょう。

仕事や会議で利用する場合も、極端に長時間連続で使用しない限り問題ありません。

もし、長時間使用する必要がある場合は、休憩時間などで適度に充電ケースに収納して充電することをおすすめします。

また、最近のイヤーカフ型イヤホンはmicroUSB充電からUSB Type-C充電に代わっています。

急速充電ができるので、万一充電忘れに気づいた場合にすぐ充電すれば、短時間でもある程度の利用時間を稼ぐことができるので安心です。

防水

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の防水レベルはIPX7です。

これは、水深1メートルの水中に30分間沈めても故障しないというレベルです。

多少の雨や汗程度であれば濡れても大丈夫でしょう。

しかし、防水テストは常温の真水で行われるため、それ以外の条件では保証されないのでご注意ください。

プールやサウナや海水や温泉水などは、イヤホンにダメージを与える可能性があります。

耐水性が劣化する可能性もあるので、防水イヤホンであっても、なるべく水に濡れないようにする方が良いでしょう。

ノイズキャンセリング

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7にはENCノイズキャンセリングが搭載されています。

ノイズキャンセリングとは、雑音を低減する機能のことです。

ノイズキャンセリングにはいくつか種類がありますが、一般的にイメージするのはANC(アクティブノイズキャンセリング)かと思います。

CMでもよく見るやつですね。

ANCは、マイクで外部の音を拾い、逆位相の音を発生させて打ち消すことで、雑音を減らしています。

一方、ENC(環境ノイズキャンセリング)やCVC8.0ノイズキャンセリングは、自分の声を相手に聞きやすくすることで、通話品質を向上させるものです。

ANCノイズキャンセリングと違い、音楽鑑賞に効果があるものではありませんのでご注意ください。

そもそも、周囲の音を聞きながら音楽も聞けるということがメリットのイヤーカフ型イヤホンです。

そのメリットと相反するANCノイズキャンセリングは不要だと思います。

ENCノイズキャンセリングも搭載されていないイヤーカフ型イヤホンもあるので、そういったイヤホンと比較すると、通話利用する場合にメリットがあります。

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!まとめ

Fun Deal イヤーカフ型イヤホン C7の口コミ・レビューをチェックしました。

低評価の意見としては、付け方を間違えると音漏れが発生し、電車などでの使用に不安を感じるという意見がありました。

オープンイヤー型で空気伝導イヤホンということもあり、適切な角度、ベストポジションで利用することが重要です。

電車は、上でも記載しましたがオープンイヤー型イヤホンは向いていないので、電車での利用はおすすめしません。

一方、高評価の意見としては、運動中の安定性が高い、周囲の音をしっかりと聞き取ることができ安全と評価されています。

また、ギターの練習にも適しているという意見も。

特にギター練習時に限りませんが、家族や周囲の人とのコミュニケーションが取りやすいというのも利点として挙げられています。

屋外で散歩やジョギングを安全に楽しみたい、屋内でもながら聞きを楽しみたいという方には、お手頃価格ということもありおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました