MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーのレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

バッテリー

モバイルバッテリーの選び方、迷いますよね。

特に初めての購入だと、どれがいいのかわからないもの。

有名ブランドのモバイルバッテリーは性能が良いと言われていますが、価格がお高め。

一方、Amazonで見かけるお手頃価格のモバイルバッテリーは、価格は魅力的ながら品質が心配…。

しかし、実はAmazonのお手頃価格のモバイルバッテリーの中にも、口コミで評価が高いものがたくさんあります。

気になったモバイルバッテリーは口コミをチェックしてみましょう。

モバイルバッテリーは、特に「容量が少ない」という口コミがつくことがあります。

特に低評価の口コミをしっかりとチェックして、問題がなさそうなら、試してみるのも一つの方法です。

ということで、今回はMOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの口コミ・レビューをチェックしてみました!

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーのレビュー・口コミを徹底検証 !

アマゾンでMOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーのレビューや口コミをチェックしました。

やはり、容量が実際は少なそうという意見が見られました。

モバイルバッテリーの口コミでは比較的よく見る内容なので、低評価の口コミはしっかりチェックしましょう。

10000mAh程度ではないかという意見が見られたので、そのくらいの容量として、機能面などからコスパを判断するのがよいでしょう。

内蔵ケーブルや残量のデジタル表示が評価されているので、この機能と価格であればどうか、というところです。

では、先に低評価のレビューを見て、次に高評価のレビューを見てみましょう!

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの残念なレビュー・口コミ

まずはMOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの残念なレビュー・口コミから。

OPPO Reno7Aを使用しているのだが
おおよそバッテリ残量20%を切るくらいで毎回、充電するために使用している。
スマホに充電する前には必ずモバイルバッテリ側は満充電して表示も100%になている。

Reno7Aのバッテリは公称容量は4,500mAh、定格容量は4,400mAh
でおおよそ20%→100%まで充電を行うと、モバイルバッテリ側はほぼ毎回残量50%となる
つまり半分鹿残っていないことになる。

4500×2+(多少のロス)と考えても、このモバイルバッテリの容量は10000程度しかないのではないかと思うだが堂なのだろうか。
因みに持ち運びに不向きなため家でしか使っていない40200mAhの製品https://www.amazon.co.jp/gp/product/B09DP9PGVX/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
では同じスマホを充電しても残量85%と表示される。

引用元:Amazon MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーのレビューより

本当に容量が20800あるのか不信感がある という口コミです。

MOTTARI Q8の実際の容量が20800mAhなのか疑問視されています。

理由としては、OPPO Reno7Aの充電テストを行った結果、モバイルバッテリーの残量が50%になることが多いということを挙げられています。

Reno7Aのバッテリー容量は4,500mAhで、20%から100%までの充電でモバイルバッテリーの半分が消費されるということです。

0%からのフル充電だとしても、4500mAhを2回分というと、単純計算で9000mAh程度の容量と予想されます。

充電ロスも考慮する必要がありますが、この結果から実際の容量が10000mAh程度ではないかとの疑念が生まれるのは理解できます。

20%からということで、スマホの80%分を充電するのにモバイルバッテリーを半分使うことになるので、10000mAhより少ないという可能性すらあるかもしれません。

他の製品との比較も記載されています。

同じスマホを充電した際の残量表示に大きな差があるということです。

具体的には、40200mAhの製品では、同じスマホを充電しても残量が85%と表示されるとのこと。

4500mAhを充電して15%相当ということで、4500÷0.15=30000mAHという計算になります。

変換ロスを考慮すると74%程度利用できることになるので、40200mAhという公称値から見ると妥当~なかなか優秀というレベルだと思います。

製品ごとの効率や品質の違いがある程度あるとはいえ、これだけの差は気になるポイントですね。

持ち運びにも不向きということで、総じて低い評価となっていました。

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの良いレビュー・口コミ


続いてMOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーのいいレビュー・口コミはこちら。

ライトニングを含む3種類の給電ケーブルと、給電用USBポートが2の、合計5種類のケーブルとポートに加え、Qiワイヤレス充電までできるとは、よくやってくれたとしか評価できません。
接続機器への充電中と本体の充電中も、下一桁が点滅する%表示なので、使い勝手が宜しいです。
しかも20800mAhとはコスパ良すぎて、このジャンルの商品の過激さを感じます。
PSEマークは株式会社天井商事の記載があります。
本体はほぼ四角形なので手でつかみやすいのですが、案外落っことしてしまいます。持ち運びにはケースの角にストラップホールがあるのでこれを利用しましょう。
高容量の内臓充電池は、落下衝撃などのストレスにはデリケートなので、ラフな扱いはお勧めできないかと思います。是非ともストラップの、標準付属を検討してもらいたいと思います。
照明用のLEDはおまけレベルの光量なので気にしてはいけません。
改めて、大陸商品のレベルの高さと、コスパの良さを感じることができた、満足感のある商品です。
今後の耐久性に期待しつつ、使い倒していこうと思います。

引用元:Amazon MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーのレビューより

ケーブル付きはこんなにも使いやすかったのか!!! という口コミです。

まずは多機能性が評価されています。

3種類の給電ケーブルと2つのUSBポート、さらにQiワイヤレス充電機能が搭載されています。

これだけあれば、MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリー本体だけでもさまざまなデバイスを充電できます。

このような多機能性は、日常の外出時や出張・旅行の際にも複数のケーブルを持ち歩く必要がなく、非常に便利です。

荷物を少しでも減らしたい、ケーブルを複数持ち歩かないといけなかった方には魅力的でしょう。

20800mAhの大容量にも関わらず、コスパが非常に良いと評価されています。

実際の容量が少ないという口コミが見られ、こちらのレビュアーの方が実際の容量に関して特に言及されていない点はやや気がかりではあります。

次に、デザインと持ち運びやすさについて。

本体は手に取りやすい四角形のデザインですが、持ち運びには注意が必要とのこと。

落としやすいので、ストラップホールを利用することが推奨されています。

電化製品、ガジェットは一度落とすと故障するものもあるので、丁寧に取り扱いましょう。

実際に落として不具合が出たということはなかったようです。

総じて、MOTTARI Q8は多機能性とコスパの良さを兼ね備えたモバイルバッテリーとして高評価を受けていました。

今まで使っていたモバイルバッテリーはコードが付属していないので普段使っているのを持って行ってたので長すぎて鞄からはみ出たりしていたけど、すでに本体にコードが付属しているので鞄の中でもすぐ横に重ねて入れておいたらちょうど良い長さだしコードを持っていくのを忘れて充電できなかったりがないのでとても便利です。しかも残量がデジタルで表示されるのでわかりやすいです。
本体の大きさも今までスマホより大きくて分厚くて重かったのですが、大きさも重さも持ち運びに便利になりました。
ただ充電の速度だけが今まで使っていたのに比べて遅く感じてしまいました。

引用元:Amazon MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーのレビューより

小さくて軽くて持ち運びに便利 という口コミです。

充電の速度に関しては、今までのモバイルバッテリーと比較して遅いと感じたようですが、それ以外は高評価の意見となっていました。

まず、付属のコードとその利便性について評価されています。

今までのモバイルバッテリーではコードが付属していなかったため、持ち運び時に不便だったものの、MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリー本体にコードが付属しているのは非常に便利と高評価。

意外とコード忘れもあるようで、内蔵ケーブル式のモバイルバッテリーだとそのような心配はありません。

充電ケーブルは基本的にある程度の長さはあるので、カバンの中などでは邪魔になりがち。

その点、鞄の中での利用もストレスなく利用できそうです。

致命的ではないとはいえ、このようなちょっとしたストレスを軽減できるのは魅力的です。

次にデジタル表示の利点について。

残量がデジタルで表示されるのは、具体的な残量を確認しやすいというメリットがあります。

今までのLEDランプ4段階表示だと、残量をおおまかにしか把握できないところ、デジタル表示であれば詳細に把握できます。

あとどの程度充電させられそうか、どれくらいでモバイルバッテリー本体に充電すればよいかの判断がしやすくなります。

デジタル表示は最近流行ってきていますが、モバイルバッテリーの進化を感じさせる機能の一つです。

そして、本体のサイズや重さが持ち運びに便利になったと評価されています。

内蔵ケーブルの使い勝手と残量表示のわかりやすさが高評価されている口コミでした。

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの性能と特徴

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの性能・特徴を紹介します。

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの性能

登録情報
電池 ‏ : ‎ 1 リチウムイオン 電池
梱包サイズ ‏ : ‎ 12.1 x 10.2 x 2.8 cm; 230 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日 ‏ : ‎ 2023/7/13
メーカー ‏ : ‎ MOTTARI
ASIN ‏ : ‎ B0C8SGTXYC
商品モデル番号 ‏ : ‎ Q8

参照:Amazon MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリー 商品紹介ページより

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの特徴

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの特徴を見ていきましょう!

容量:公称値20,800mAh

モバイルバッテリーの容量は、利便性を大きく左右します。

MOTTARI Q8の公称容量は20,800mAhとなっており、これは公称値としては比較的大容量の部類と言えるでしょう。

大容量モバイルバッテリーのメリットは、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを何度も充電できる点です。

しかし、口コミ紹介部分でも記載した通り、どうやらMOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの容量は実際には少なそうという意見が見られました。

モバイルバッテリーには、「変換ロス」というものがあります。

この「変換ロス」により、スマホなどのデバイスの充電に利用できる容量は、記載された容量の6~7程度ということが一般的です。

しかし、MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーは、実質10000mAh程度ではないかという意見が見られます。

公称値の5割程度となり、変換ロスを考慮しても少ないかなという印象です。

このような口コミが見られることが多いので、特にモバイルバッテリーの低評価口コミはしっかり目を通しておいた方が安心です。

内蔵ケーブル:microUSB、USB type-C、Lightning、USB Type-A入力ケーブルを内蔵

モバイルバッテリーを選ぶ際、内蔵ケーブルの有無や種類は重要なポイントとなります。

MOTTARI Q8は、microUSB、USB type-C、Lightning、そしてUSB Type-A入力ケーブルを内蔵しています。

USB Type-A入力ケーブルも内蔵されているので、ポートがあればモバイルバッテリー本体への充電も内蔵ケーブルでまかなえます。

出力(スマホなどへの充電)も内蔵ケーブルだけでさまざまなデバイスに対応可能なので、外部のケーブルを持ち歩く必要がなくなります。

もちろんUSB Type-Cスマホが2つあるなら、1本USB Type-C充電ケーブルを持てば、同時充電は可能です。

ただ、同時に充電する必要がない、内蔵ケーブルに不具合がないのであれば、別途持ち歩かなくてもよいでしょう。

私ならギリギリになる前に、1台ずつ充電するようにします。

せっかく余計な荷物を少なくできる構造なので、特徴を活かすように利用するのが良いかなと思います。

特に、旅行や出張などで多くのデバイスを持ち歩く際も、ケーブルがかさばったり忘れ物したりというのがなくなるのは大きなメリットです。

6台同時充電:2つのUSB-Aポートと3つの内蔵ケーブルとワイヤレス充電

モバイルバッテリーの選び方の中で、同時に充電できるデバイスの数は大きなポイントとなります。

MOTTARI Q8は、2つのUSB-Aポートと3つの内蔵ケーブル、さらにワイヤレス充電機能を搭載しており、最大で合計6台のデバイスを同時に充電できます。

これにより、外出先や旅行中でも、スマートフォンやタブレット、ワイヤレスイヤホンなど、複数のデバイスを一度に充電できるので非常に便利です。

複数のデバイスを持っている方も多いでしょうから、このような多機能なモバイルバッテリーは大変役立ちます。

ただし、同時充電する場合は、普段よりそれぞれのデバイスへの充電が遅くなってしまう可能性があるのでご注意ください。

寝ている間に差し替えられないような場合は同時充電で、なにか1つ有線で充電したい場合は1台だけ充電など、使い分けるのがよいでしょう。

同時充電も、万一朝起きて充電されていないといことがないように、事前に充電スピードを確認しておくと安心です。

2.1A充電対応

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーは、2.1Aの高速充電に対応しています。

ひと昔前の1Aの充電よりも約2倍の速さでデバイスを充電できます。

最近は標準的になっていて、より急速に充電できるPDやQCといった規格があるので、急速充電と呼んでよいか少し微妙な気がします。

口コミを見ても、紹介した高評価口コミの中にも充電速度が遅く感じるといった意見がありました。

他の口コミも、急速充電が高く評価されているものと、充電が遅いと低く評価されているものと、評価が割れていました。

前に利用していた充電器と比較しての評価になるので、以前のモバイルバッテリーがPDなどの急速充電対応であれば遅く感じるでしょうし、1Aしか対応していないものなら急速に感じるでしょう。

PDやQCといった急速充電を利用されている方はご注意ください。

LEDライト機能

MOTTARI Q8の特徴的な機能の一つが、LEDライト機能です。

この機能は、モバイルバッテリーとしての役割だけでなく、非常時には懐中電灯のように使用できるという点で非常に便利です。

夜間の外出時やキャンプなどのアウトドアシーンでの使用はもちろん、突然の停電時などの非常時にも役立ちます。

また、持ち運びに便利なサイズ感であるため、日常のバッグの中に入れておくだけで、いざという時の安心感を手に入れることができます。

懐中電灯と同じように、非常用として、災害用の持ち出し袋に置いておいたり、枕元に置いておくのもよさそうです。

LCD残量表示

MOTTARI Q8の魅力的な特徴の一つが、LCD残量表示機能です。

この機能は、モバイルバッテリーの残量を正確に知ることができる点で、とても便利です。

従来のモバイルバッテリーでは、LEDライト4段階で大まかな残量を知ることが一般的でした。

最近のモバイルバッテリーは、MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリー含めてこのLCD残量表示を採用しているため、具体的に数字で残量を表示してくれます。

予期せぬバッテリー切れを防ぐためにも、正確な残量表示は便利です。

口コミでも高評価の意見が多く見られました。

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーのレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!まとめ

MOTTARI Q8 20800mAh モバイルバッテリーの口コミ・レビューをチェックしました。

低評価の意見としては、実際の容量に疑問という口コミがありました。

OPPO Reno7Aの充電テストを行った際、バッテリーの残量表示が期待よりも早く減少したとの声がありました。

また、他の製品との比較も行われ、その結果からも容量に関する疑念が深まったようです。

一方、高評価の意見としては、3種類の給電ケーブルと2つのUSBポート、さらにQiワイヤレス充電機能を持っており、非常に使い勝手が良いと評価されています。

デジタル表示による残量の確認も簡単で、コスパの良さや製品の品質に満足感を持っているという意見も。

20800mAh程度の容量がちゃんとほしいという方は、やや少なそうなので避けた方がよいかもしれません。

ただ、ある程度の容量があればOKという場合は、内蔵ケーブル搭載で余分な充電ケーブルを持ち歩きたくない方、複数のスマホやイヤホンなどを充電したい方に向いているモバイルバッテリーです。

タイトルとURLをコピーしました