Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

ワイヤレスイヤホン

最近、街でワイヤレスイヤホンをつけている人をよく見かけます。

気になっているけど、有名なブランドのワイヤレスイヤホンは高いなと感じている方も多いかもしれません。

私も、有名ブランドのイヤホンにはなかなか手が出せません…

amazonでワイヤレスイヤホンのランキングを見てみると、低価格のワイヤレスイヤホンがたくさんありました。

しかも、名前を聞いたことのないメーカーのもので評価が高いものも多いです。

私も、聞いたことのないメーカーの高評価イヤホンを購入したことがあります。

低評価の口コミを見て問題なさそうだったので購入しましたが、普段使いに充分な品質のものに当たりました。

気になるイヤホンがあれば、低評価の口コミも確認して、問題なければ試してみるのもアリだと思います。

ということで、今回はPoeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の口コミ・レビューをチェックしてみました!

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のレビュー・口コミを徹底検証 !

アマゾンでPoeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のレビューや口コミをチェックしました。

低評価の口コミに、音声が切れたりノイズがなったりすることもあります、という内容がありました。

不具合があったという口コミが見られましたが、交換してもらえたという高評価の意見も。

サポートが比較的安心できる印象を受けました。

では、先に低評価のレビューを見て、次に高評価のレビューを見てみましょう!

価格表示がない場合、Amazonで在庫切れになっているようです

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の残念なレビュー・口コミ

まずはPoeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の残念なレビュー・口コミから。

1週間程度で、音声が切れたり、ザーと言うノイズがずっとなったりする様になった。
修理の問い合わせしたら初めは保証対象じゃ無いと拒否され、
やりとり後、ごめんなさい保証しますと言う良い加減な対応。
レビューの評価が高いのはなぜ??
返金処理しました。

引用元:Amazon Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のレビューより

日本語 という口コミです。※タイトルママ

音声が切れたりノイズがなったりする、という低評価の口コミです。

1週間程度で不具合が出始めたそうです。

1週間は問題なく利用できていたようなので、初期不良と呼べるか微妙なところですが、どちらにしろ不良品にあたってしまったようです。

そして、修理の問い合わせをしたところ、最初は保証対象外とのことで断られたとのこと。

ただ、最終的には保証されたようです。

最初の却下理由が気になるところではありますが、保証に応じてくれたようで安心しました。

ただこのやり取りで不信感を持たれたようで、最終的には返金処理されたみたいです。

しかし、そもそもこの価格帯のショップは連絡がつかないことすらあります。

低い方と比べるのはどうなんだという気もしますが、連絡もついて保証にも応じてくれているので、比較的良心的なショップかなという気はします。

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の良いレビュー・口コミ


続いてPoeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のいいレビュー・口コミはこちら。

合わせの部分に段差があるなど組み立ては若干荒い

説明書不要の一般的な操作方法で
特殊な操作も必要なく取り出すだけでペアリング待ちに
2回目以降の再ペアリングも速い

無音時のホワイトノイズもほぼ気にならない
遅延はAAC接続で100ms程度
MV(PV)でも口の動きとの違和感を感じないレベル

男性Vo、女性Vo、インストなど数十曲聞いてみたが
シャカついたりすることもなく普通に聞ける

上が11000Hzを超えるとカットされてしまうため
人によっては天井の低さや音場の狭さを感じるかも

引用元:Amazon Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のレビューより

値段相応で悪くない という口コミです。

まず、組み立てが若干荒いという点に言及されています。

合わせの部分に段差があるとのこと。

これは、安さの代償かもしれませんね。

私は、音質や操作性が良ければ、見た目はあまり気になりませんが、デザインにこだわる人は注意が必要です。

操作方法に関しては高評価でした。

最近のBlueTooth機器は、慣れている人なら説明書を見ずとも利用することができるほど簡単なものもあります。

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8についても、説明書不要の一般的な操作方法とのこと。

特殊な操作も必要なく取り出すだけでペアリング待ちになり、2回目以降の再ペアリングも速いそうです。

これは便利ですね。

私は、面倒な操作が嫌いなので、この点は高く評価します。

また、音質に関してはシャカついたりすることなく普通に聞けるとのこと。

お手頃価格のイヤホンなので、普通に聞ければもうコスパは良いと言ってしまっていいでしょう。

遅延に関してもわずかのようで、MV(PV)でも口の動きとの違和感を感じないレベルだそうです。

動画を問題なく見られるのも好印象ですね。

無音時のホワイトノイズもほぼ気にならないそうです。

たまにホワイトノイズが大きいという口コミも別商品で見かけるので、これも良いですね。

音はとてもきれいに聞こえ、充電容量も一目でわかるのでいいです。
ただ、タッチセンサーの反応がいまいち。
自分のやり方が悪いのかもしれないが、一回タップで止まる、再スタートも、できたりできなかったり。3回タップで音量を上げ下げするとあるが、これに至っては全くうまくできない…。
センサーの反応がこの個体だけ不良なのか、もしくはコツがあるのか、。
なかなかうまくできずに、地味にストレスです。でも安いものだし、仕方ないのかな。

-追記です。2023,4,8-
すぐにカスタマーサービスの方から連絡を頂き、新しいものを手配して下さいました。
タッチパネルの操作は私には少し難しいですが、音は綺麗に聞こえますし、何より販売者様がとても誠実な対応をして下さりましたのでよかったです。

引用元:Amazon Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のレビューより

タッチセンサーの反応がいまいち という口コミです。

どこかに記載されたのか問い合わせされたのか、カスタマーサービスの方から連絡がきたそうです。

「返事があり、~」という記載ではないので、口コミを見てショップから連絡が入ったのかな?と思います。

上でも少し言及しましたが、良心的なショップじゃないですか?

比較するのも失礼かもしれませんが、問い合わせを無視するショップもあるなか、問い合わせに返答してくれる、新しいものを手配してくれる…

お手頃価格帯のイヤホンは、万一不具合があっても、ショップに連絡がつかなかったりして、「まぁ安かったし…」で納得させないといけないような状況になったりします。

いわば泣き寝入り状態になりがちですが、ちゃんとショップが対応してくれれば、そういったことも少なくなって安心ですね。

これはとてもありがたいです。

こういうショップが増えることで、名前を聞いたこともないようなメーカーのイヤホンも、購入のハードルが下がると良いですね。

音質については、タッチセンサーの不具合があった方でも問題なくきれいに聞こえていたそうです。

お手頃価格のイヤホンは、音がこもりがちな印象があるのでこれも良いですね。

なかなかのお手頃価格で、万一の場合にはサポートしてもらえるのであれば、ワイヤレスイヤホンを試してみたい方には向いているイヤホンと言えます。

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の性能と特徴

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の性能・特徴を紹介します。

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の性能

詳細情報
バッテリー要/不要 ‎はい
型式 ‎イヤホン
ケーブルの特徴 ‎ケーブルなし
ヘッドホンジャック ‎USB
コントロールタイプ ‎ボリュームコントロール
ブランド ‎Poeuo
色 ‎ホワイト
メーカー ‎Poeuo
メーカー型番 ‎X8
接続方式 ‎無線
製品サイズ ‎5.26 x 5.26 x 2.65 cm; 100 g

参照:Amazon Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8 商品紹介ページより

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の特徴

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の特徴を見ていきましょう!

ワイヤレスイヤホン

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の最大の特徴は、ワイヤレスイヤホンである点です。

ワイヤレスイヤホンは、ケーブルがないことが一番の特徴です。

ケーブルがないと、タッチノイズという音がしなくなります。

タッチノイズとは、体にケーブルがあたると発生するノイズのことです。

これがなくなると、音楽をストレスなくより快適に楽しめます。

また、なんといってもケーブルがないと、絡まったり引っかかったりする心配がありません。

これも、個人的にはいちおしポイントです。

いざ音楽を聞こうとしたときに、派手に絡まっている場合は、ほぐすところから始める必要があるので、なかなか音楽を聞くことができません。

ストレスがたまりがちですよね。

そういった面倒がワイヤレスイヤホンにはありません。

ただ、ワイヤレスイヤホンにもデメリットがあります。

それは、バッテリー切れの可能性があることと、音飛び・途切れ・遅延が発生する可能性があることです。

ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンと違い、バッテリーで動作することになります。

電池切れになると、音楽を聴けなくなるので、これは避けないといけません。

また、音飛び・途切れ・遅延という現象も起こることがあります。

ただし、最近はBlueToothのバージョンがあがることで、このデメリットも改善されています。

次の章で説明します。

Bluetooth

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のBluetoothバージョンは5.3です。

これは、現時点の最新版となっています。

BlueToothバージョン5.3は、従来のバージョンよりも、電波の接続が安定していて、バッテリーの消費も少なくなっています。

安定性が向上することによって、音飛びや途切れや遅延が改善されています。

音飛びや途切れや遅延とは、音楽を聴いているときに、音が途中で止まったり、ずれたりすることです。

これが起きると、音楽を楽しめなくなってしまいます。

BlueToothバージョン5.3のワイヤレスイヤホンなら、これらの問題が少なくなります。

しかし、ゲームで遅延が気にならないかというと、そうとも限りません。

ゲームでは、画面と音がぴったり合わないと、違和感を感じてしまいます。

特にタイミングが重要な音ゲーや、FPSなどは遅延が命取りになりかねません。

この価格帯のワイヤレスイヤホンの口コミを見ると、ゲームで遅延が気になるという口コミを見ることがあります。

お手頃価格帯のワイヤレスイヤホンは、BlueToothで改善されたとはいえ、まだゲームで遅延を感じないというレベルには達していないのかなという印象です。

もし、ゲームで遅延を感じずに使いたいなら、もっと高価なワイヤレスイヤホンか、有線イヤホンを検討しましょう。

また、バッテリーの消費が少なくなることで、バッテリー持ち時間も長時間化してきています。

バッテリー

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のバッテリー持ちは、イヤホン単体で約6時間、充電ケース利用で約30時間となっています。

通勤通学で利用する場合は、6時間も持てば充分すぎます。

通勤通学は1時間程度、長くとも2時間までの方が多いと思います。

6時間も持つなら、充電せずとも往復することもできるでしょう。

実際には片道の移動が終わって職場や学校についたら、充電ケースに格納して充電することになります。

そのため、帰りはまたフル充電状態。

片道6時間までならなんとかなるでしょう。

会議や仕事で利用する場合も、休憩できるタイミングで充電ケースに戻すだけでも、ある程度の充電が期待できます。

あまりにも長時間連続で利用する場合は若干不安ですが、ほぼ問題ないかと思います。

また、Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8はUSB Type-Cで充電できるので、従来のmicroUSBと比較すると、急速充電が可能です。

以上のように、ワイヤレスイヤホンのバッテリー持ちは非常に長くなってきており、Bluetoothバージョンアップの影響が感じられます。

防水

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の防水レベルはIPX7となっています。

防水レベルIPX7は、一時的に(30分間)一定の水深(1メートル)の条件に水没しても内部に浸水しないという防水性能を持っています 。

つまり、雨や汗に濡れたり、手を洗ったりするくらいでは壊れないということです。

ただ、防水レベルIPX7は、真水(塩分や溶質のない水)に対する防水性能を示すだけで、塩分や溶質の多い海水や温泉水だと故障する可能性があります 。

また、プールやサウナでは温度変化や蒸気によって内部の圧力が変わり、故障する恐れがあります。

したがって、これらの場所では使用しない方が良いでしょう。

また、タッチセンサーがぬれることで、タッチ操作が誤作動する可能性もあります。

防水レベルが高いとはいえ、ぬれることでメリットはないこともあり、防水レベルを過信せずに水濡れを避けられるなら避けた方が安心です。

ノイズキャンセリング

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8にはCVC8.0ノイズキャンセリング機能が搭載されています。

ノイズキャンセリングとは、外部の音を遮って、音楽や通話の音質を向上させる機能です。

このノイズキャンセリングにもいくつか種類があります。

今回は、CVC 8.0ノイズキャンセリングとANCノイズキャンセリングについて、簡単に説明します。

ANCノイズキャンセリングとは、音楽鑑賞時に外部の音を打ち消す機能です。

イヤホンに内蔵されたマイクが、外部の音を拾って、逆位相の音を発生させます。

これにより、外部の音と逆位相の音が打ち消し合って、外部の音が聞こえなくなります。

つまり、ノイズの少ない静かな環境で音楽を楽しむことができます。

一方、CVC 8.0ノイズキャンセリングとは、通話時に相手に聞こえる自分の声をクリアにする機能です。

相手にメリットがあるものの、自分が音楽鑑賞で受ける恩恵は特にありません。

残念ながら、Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8をはじめ低価格のワイヤレスイヤホンでは、ANCは搭載されていません。

少なくとも、私が今までAmazonランキング上位に入ったこの価格帯のイヤホンの中では見たことがありません。

ANC搭載イヤホンは、もう少し価格帯があがります。

上でも記載しましたが、QCYのワイヤレスイヤホンなら4000円台でANCノイズキャンセリングが搭載されています。

少し価格帯はあがりますが、ANC搭載イヤホンではかなりお手頃価格になっています。

ANCノイキャンの効きもよく音質もよいのでコスパがとても高いイヤホンですので、よかったらこちらもチェックしてみてください。

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8のレビュー・口コミを徹底検証!性能や評価、評判もチェック!まとめ

Poeuo 完全ワイヤレスイヤホン X8の口コミ・レビューをチェックしました。

低評価の口コミでは、音声が切れたり、ノイズがなったりするという不具合があったというものがありました。

修理の対応が悪かったと不評でしたが、保証に応じてくれたようです。

最終的に返金されたそうですが…

一方、高評価の口コミでは、操作が簡単、ペアリングも速い、音質もキレイに聞けるという意見がありました。

かなりのお手頃価格で、サポートも期待できるので、サブとして、お試しのワイヤレスイヤホンとして向いています。

タイトルとURLをコピーしました